塩パンと裸エプロンのマッチョ従業員で話題のパン屋「男の塩パン本舗」――そのこだわりとは?

田井中 祐矢(たいなか ゆうや)氏

―本日はありがとうございます。ご経営されている「男の塩パン本舗」について、お話を伺えますか?

田井中:はい、よろしくお願いします。

―「男の塩パン本舗」は塩パンに注力していると伺いましたが、なぜ塩パンにこだわるようになったのですか?

田井中:高級食パンブームが去った今、シンプルなパンに人気が集まっていると感じたのがきっかけです。その中でも塩パンは素朴な味わいが魅力的で、幅広い年齢層に支持されるのではと考えました。

―なるほど。また、お店の特徴としてパンのサイズが大きく、従業員が全員マッチョな男性であることが挙げられますが、これらのアイデアはどのように生まれたのですか?

田井中:パンのサイズについては大きい方がお得感があって喜ばれると思い大きめのサイズを採用しました。従業員については私自身がマッチョな男性が好きで(笑)自分の趣味を反映して採用しています。

―興味深いですね。ちなみに従業員の方たちはほとんど裸にエプロンのような格好で働いているとのことですが、これにはどういった意図があるのでしょうか?

従業員は裸にエプロン
笑顔がとても爽やかだ

田井中:私たちのパンは素朴でシンプルな味わいを追求しています。そのイメージをより強く印象づけるために、従業員たちも身体を鍛え、裸エプロンでパン作りをしています。また、男性のマッチョな身体は女性のお客様たちにも大変好評なようです。

―なるほど、確かに印象的ですね。掲げたコンセプトが狙い通りヒットしているといったところでしょうか。

田井中:そうかもしれません。私たちのお店はパンを通じて「男の美しさ」を提案しています。

―塩パンについてお聞きしたいのですが、その作り方について教えてください。

田井中:まずはじめに生地を作ります。小麦粉やイースト、水、塩などの材料を混ぜ合わせてしっかりとこね上げます。そして、発酵させてから成形し、オーブンで焼き上げます。

―なるほど、そうやって作られるんですね。では、その塩はどこから調達しているのでしょうか?

田井中:当店で使用している塩は日本国内の海水から採取されたものを使用しています。天然の塩にこだわり、品質にもこだわっています。また、季節や地域によっても味わいが異なるので、その時期や地域に合った塩を選んでいます。

―従業員たちが裸にエプロン姿というのは衛生上、問題がないのでしょうか?

見よ、この肉体美!

田井中:はい、もちろんです。従業員たちは、しっかりと手洗いや消毒を行ったうえでエプロンを着用しています。また、健康管理にも十分に注意しており、病気の際には出勤停止とし、症状が出た場合には医師に診てもらっています。お客様には安心して私たちのパンを召し上がっていただけますよ。

―ありがとうございました。最後に、今後の展開について教えてください。

田井中:今後もお客様に喜んでいただけるよう、新しいパンの開発やメニューの改善に取り組んでいきます。また、海外進出も視野に入れており、海外でも私たちのパンが愛されるように頑張っていきたいと思います。

―素晴らしいですね。今後の活躍に期待しています。ありがとうございました。

田井中:こちらこそ、ありがとうございました。

※このインタビューはフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です