段ボール箱にスマホ、着替え中の児童を盗撮 小学校教諭を懲戒免職 山下龍一2022年11月5日 8時52分 朝日新聞デジタル

 栃木県教委は4日、盗撮行為をしたとして県南部の公立小学校の男性教諭(31)を懲戒免職処分にしたと発表した。勤務先の小学校の教室にスマートフォンなどを置き、着替え中の女子児童の動画を盗撮したという。

 県教委義務教育課によると、教諭は5~7月、小学校の教材準備室内で計5回にわたり、女子児童数人を盗撮した。小さな穴を開けた段ボール箱のなかにスマートフォンやタブレット端末を置く方法だった。体育の授業前の児童を呼び出し、生活相談をした後、着替えを促したという。

 10月5日朝、同室とつながった隣の部屋から出てきた男性教諭を同僚がみかけ、不審に思って調べたところ、タブレット端末の入った箱を見つけ、盗撮が発覚した。学校の調べに対し男性教諭は盗撮を認めたという。動画は撮影するたびに本人が消去したといい、同課は「外部流出は確認できていない」と説明している。(山下龍一)

https://www.asahi.com/articles/ASQC52QJNQC4UUHB00W.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。