勤務校の生徒呼び出し性行為 特別支援学校の女性教諭を懲戒免職 9/7(水) 16:24配信 毎日新聞

 勤務校の男子生徒と性行為をしたとして、東京都教育委員会は7日、都内の特別支援学校に勤務する女性教諭(30)を懲戒免職処分とした。

 都教委によると、教諭は2020年12月、18歳未満の男子生徒を呼び出して車で約5時間ドライブした後、商業施設駐車場に止めた車内で性行為をした。今年3月、警察から教諭を児童福祉法違反容疑で逮捕したとの連絡が学校にあり、発覚した。教諭は都教委の聞き取りに「進路のことで会おうとした。自分自身の責任で、重く受け止めている」と話しているという。

 都教委はこのほか、女子児童6人に対して服の上から腹部を触るなどのセクハラ行為をしたとして、多摩地域の小学校の男性主任教諭(43)を停職6カ月にするなど、6件の懲戒処分も公表した。都教委の担当者は「誠に遺憾。再発防止の徹底に努める」としている。【伊藤直孝】

https://news.yahoo.co.jp/articles/61cc3a0d2b821322bcb4b1155a31ddd0b1c652da

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。