勤務先の中学校で財布から現金2000円盗む 59歳の男性教諭を停職処分に 教諭は依願退職/群馬県 2022/7/25 18:53 (JST) © 群馬テレビ

群馬県教育委員会は、公立中学校に勤務する59歳の男性教諭が校内で用務員の財布から現金を盗んだとして停職6カ月の懲戒処分にしたと発表しました。

停職6カ月の懲戒処分となったのは中毛地域の公立中学校に勤務する59歳の男性教諭です。県教育委員会によりますと、男性教諭は6月9日の午前6時半ごろ、校内の用務員室で、用務員のバッグから財布を取り出し、現金2000円を盗んだということです。他の用務員は出勤前で被害に遭った用務員は窓を開けるため校内を回っていました。

男性教諭は「衝動的だった。子どもに範を示すべき教員が絶対にしてはいけない行為をしてしまい、申し訳なく感じている」と話しているということです。

なお、男性教諭は25日付けで依願退職しています。

https://nordot.app/924238305917861888

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。