理科実験中に児童4人やけど、うち1人は重傷…教員がつぎ足したメタノールこぼれ引火 2022/07/01 18:29 読売新聞オンライン

 30日午前11時40分頃、群馬県沼田市西倉内町の市立沼田小学校で、理科の授業中に炎が上がり、6年生の児童4人がやけどを負った。群馬県警沼田署によると、このうち女子児童1人が顔や両腕などに数か月の治療を要する重傷で、女子児童2人、男子児童1人も腕などに軽傷を負った。

児童がやけどを負った理科室。中央の机で実験が行われていた(30日、群馬県沼田市立沼田小で)
 同校と同署によると、当時、1階の理科室で男性教員(61)がジャガイモの葉の色素を抜く実験を行っていた。葉脈の観察で葉をメタノールにつけるため、中央にある机のカセットコンロにメタノールが入ったビーカーを置き、加熱していたが、教員がメタノールをつぎ足した際にこぼれてコンロの火に引火したという。児童23人が机を囲むように実験を見学しており、4人に火の付いたメタノールがかかった。火は理科室内のカーテンの一部なども焦がした。

 事故を受け、市教育委員会と同校は同日夕に市役所で記者会見を開き、荒木富美子校長は「大切なお子さんにけがをさせるという、あってはならないことを起こしてしまった。心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 同署によると、男性教員は6年生の副担任を務め、3年生以上の理科の授業を担当していた。荒木校長に「申し訳ありません」と話したという。同署は教員がメタノールを適切に使っていたかどうかなどについて、業務上過失致傷容疑を視野に調べている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220630-OYT1T50363/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。