川崎市立中の教諭 修学旅行下見中のわいせつ行為で懲戒免職 7/7(木) 19:17配信 tvkニュース(テレビ神奈川)

修学旅行の下見で訪れた京都で、女子高校生にわいせつな行為をしたとして、川崎市教育委員会は市立中学校の男性教諭を7日付けで懲戒免職にしました。

免職の懲戒処分になったのは、川崎市立中学校の48歳の男性教諭です。

市教委によりますと男性教諭は去年10月、修学旅行の下見で訪れた京都市内のホテルで、SNSを通じて知り合った当時16歳の女子高校生にわいせつな行為をしたうえ、写真をスマートフォンに保存したということです。

男性教諭はことし5月に三重県警に逮捕され、その後、罰金50万円の略式命令を受けていました。

川崎市はこのほか、ことし1月に東京都内の駅で、すれ違いざまに女性の足を蹴るなどの暴行を加えたとして、財政局の主任の男性職員を減給1カ月に。

また、5月に電車内で女性に痴漢をしたとして、健康福祉局の主任の男性職員を停職6カ月の懲戒処分としました。

この男性職員は、7日付けで依願退職しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e954874ec65d449a38dad17abdc9efbe706a617a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。