マスク着用を拒んだ特別支援学校の生徒に体罰 50代男性教師に懲戒処分【新潟】6/14(火) 8:55配信 NST新潟総合テレビ

中越地方の特別支援学校で去年、マスクの着用を拒んだ生徒に体罰を与えたとして県教育委員会は14日、50代の男性教師を戒告の懲戒処分としました。

13日付けで戒告の懲戒処分を受けたのは当時中越地方の特別支援学校で勤務していた50代の男性教師です。

この男性教師は去年9月、車いすを使用する男子生徒の左目付近を手のひらでたたきました。

県教育委員会の聞き取りに対して男性教師は「マスクを付けるのを嫌がったため、注意するつもりで叩いた」と話しているということです。

【県教育庁 義務教育課 今井渉課長】
「公聴会や市町村教育委員会と連携して研修を繰り返して行うなど再発防止に努力していきたい」

県教委によりますと、県内の公立学校では昨年度9件の体罰が確認されていて、県教委は今後、県立学校などに対して具体的な防止策を通知する方針です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f0547c6f3136c8c90bf3ac2bb2ad75940cb9476

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。