盗撮準備の疑いで小学校教諭を逮捕、庄原署 「指導目的」と供述 広島 中国新聞デジタル

 広島県庄原市内の勤務先の小学校教室に盗撮目的で小型カメラを設置したとして、庄原署は18日、同県三次市の小学校教諭の男(27)を広島県迷惑防止条例違反(盗撮準備行為)などの疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は9日午前7時半ごろから10日午前11時50分ごろまでの間、勤務する庄原市内の小学校の教室内に侵入して小型カメラを設置した疑い。同署によると、この教室は複数の学年が更衣室としても利用しているという。男は「設置したことに間違いない。指導が目的だった」と供述しているという。

https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/177121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。