生徒とホテルで同部屋、運転中にハンドル操作強要…旅費も不正受給の高校教諭を免職 2022/06/09 20:33 読売新聞オンライン

 部活動の引率中、生徒に車の運転操作を強要したなどとして、神奈川県教育委員会は9日、相模原市内の県立高校の男性教諭(41)を懲戒免職とした。

 発表によると、教諭は2021年10月、生徒3人を自家用車に乗せて試合会場から宿泊先へ向かう際、助手席にいた当時高校2年の男子生徒に1分間ほどハンドルを握らせて操作を強要した。生徒は「怖かった」と話し、教諭は「驚かせたかった」と説明しているという。県教委は「生徒の命を危険にさらし、許しがたい行為」として謝罪した。

 このほか、教諭は大会前日に、学校に無断で会場近くのホテルに生徒と同部屋で宿泊し、生徒の脚をマッサージした。16~21年度には281回にわたり、大会の旅費など計約41万円を不正に受給していたという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220609-OYT1T50232/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。