空手5段…妻に日常的DVか 東京国税局職員の男逮捕 テレ朝ニュース

 東京国税局の職員の男が妻の顔面を数十回殴って鼻の骨を折るなどのけがをさせた疑いで逮捕されました。

 東京国税局の税務相談官・武藤静城容疑者(59)は1月末、車の中で口論になった末、当時、婚約中だった女性の顔面を左手の甲で数十回殴り、けがをさせた疑いが持たれています。

 女性は鼻の骨を折るなど、全治およそ2カ月の重傷を負いました。

 警視庁によりますと、武藤容疑者はこの女性に対し、結婚した後の4月にも暴行を加えた疑いで逮捕されていました。

 武藤容疑者は自称・空手5段の有段者で、女性には「空手の練習でけがをした」と病院で言うよう指示していたということです。

 警視庁の調べに対し、黙秘しています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000257018.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。