女性の遺体を雑木林に埋めた容疑で、帯広農業高校35歳の教諭を逮捕…遺体は元同僚の女性とみて、殺人も視野に捜査 HBC北海道放送ニュース

 北海道帯広市で、女性の遺体を公園の雑木林に埋めたとして、高校教諭の男が逮捕されました。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、帯広農業高校の教諭、片桐朱璃(しゅり)容疑者35歳です。
 片桐容疑者は5月30日午後8時ごろ、帯広市南町の「帯広の森」の公園の雑木林の土の中に、女性の遺体を埋めた疑いが持たれています。
 警察によりますと、遺体は成人の女性とみられ、道路から10〜20メートルほど離れた場所に埋められていました。死後、それほど経過していないとみられています。
 5月30日に、この遺体とみられる女性の夫から「きのう(29日)午後に妻が外出してから戻らない」という相談が警察にあり、その後、夫の話から片桐容疑者が浮上しました。
 警察が31日、片桐容疑者に事情を聴くと、当初は関与を否定したものの、1日になって女性の遺棄を認め「車で運んだ」などと話したということです。
 そして、片桐容疑者の供述に基づき、雑木林の土を掘り起こしたところ、2日午前2時半ごろ、女性の遺体が見つかりました。
 取り調べに対して片桐容疑者は「女性の死体を、雑木林の中に穴を掘って埋めた」などと話し、容疑を認めているということです。
 警察は、遺体を司法解剖し、身元や死因の特定をすすめていますが、遺体とみられる女性は、片桐容疑者の元同僚の女性教諭だということです。
 警察は、殺人の疑いも視野に調べをすすめています。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hbc/region/hbc-ad31d083897b43adcfa84ff4eb46f977

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。