オンラインゲームで知り合い結婚約束 看護助手の女(52)を詐欺容疑で逮捕 「母の葬儀代ない」 岐阜新聞Web

 岐阜県警大垣署は31日、詐欺の疑いで神奈川県小田原市東町、看護助手の女(52)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2017年6月26日~7月21日、大垣市の無職男性(38)に「母親の葬儀代がない」などとうそをつき、3回にわたり現金計128万円をだまし取った疑い。

 署によると、女と男性はオンラインゲームを通じて知り合って結婚を約束。女は飲食店の運転資金名目などで100万円をだまし取ったとして詐欺容疑で摘発されており、その後の捜査で別の詐取が判明した。署は認否を明らかにしていない。

https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/83345

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。