急な腹痛で…関越道を155キロで走行、オービスで摘発 さいたま市教委、速度違反の中学教諭を戒告 さいたま新聞

 さいたま市教育委員会は20日、速度違反で摘発された市立中学校に勤務する男性教諭(30)を地方公務員法に基づき、同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 市教委教職員人事課によると、教諭は昨年12月18日午後8時半ごろ、私用で普通乗用車を運転し、埼玉県深谷市内の関越道を走行中、法定速度100キロの区間を55キロ上回る155キロで走行し、オービス(速度違反自動取締装置)により摘発された。教諭は今年3月2日付、道交法違反で罰金8万円の略式命令を受け納付した。市教委の調査に対して、「急に腹痛となり、サービスエリアに向かう途中だった」と話しているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。