隔離授業の男児に馬乗り暴行 大阪市教育委「不適切な行為」 FNNプライムオンライン

保護者の同意なく児童を別室に隔離していた問題で、児童が大阪市の教育委員会の職員から暴行を受けていたことがわかった。

大阪市教育委員会などによると、2019年、大阪市立の小学校で元職員の男性(60代)が指導の名目で児童(当時小学3年)に馬乗りになる暴行を加えたという。

元職員は、市教委から学習支援のために派遣されていた非常勤嘱託職員で、校長や教頭の制止を聞き入れず、暴行は5分間にわたり続いたという。

小学校の教頭「(元職員が)黙っといて、僕が指導してるねんから」、「辞めてくれと言っても全然聞かないんです」

市教委は、「不適切な行為だった」と認めたが、公表していなかった。

この児童をめぐっては、保護者の同意なく1年半にわたり、別室に隔離され、授業を受けていたことが明らかになっている。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-362950

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。