女子生徒の靴に体液 逮捕された高校教師を不起訴処分 広島区検 テレビ新広島

女子生徒の靴に体液をつけて汚したとして今月11日に逮捕された、県内の公立高校の男性教師について、広島区検は20日、不起訴処分としました。

不起訴処分となったのは広島市西区の公立高校の男性教師(28)です。
男性教師は去年11月、勤務先の高校の下駄箱に置いてあった女子生徒の通学用の靴に体液をつけて汚した、器物損壊の疑いで逮捕・送検されていました。
広島区検は20日、「訴訟条件を満たしていない」として男性教師を不起訴処分としました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5c4112dce3788a81b3f6c19ed6aed583e9943fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。