生徒に実名・顔出しでの“謝罪動画”を監督が指示…「リスク考えてなかった」保護者説明会で土下座も 音声を入手 FNNプライムオンライン

熊本県の名門高校サッカー部員がコーチから暴行を受けていた問題で、学校側が5月5日に記者会見を開きました。そこで明らかになったのは、騒動を謝罪した生徒たちの動画は、監督が生徒に顔出し・実名で行う指示をしていた、ということでした。
FNNは前日の4日に行われた保護者説明会の音声を入手。監督は、何と説明していたのでしょうか。

選手の謝罪動画は“監督が指示” 監督「隠したわけではない」
5月5日、一連の騒動を受けて初めて記者会見が開かれました。姿を見せたのは、名門・秀岳館高校サッカー部の段原一詞監督です。

秀岳館サッカー部 段原一詞監督:
段原でございます。この度は大変お騒がせしましたことに、サッカー部スタッフの暴力行為、そして、その後の私の不適切な言動、対応を深く心よりお詫びを申し上げます。申し訳ありませんでした

騒動のきっかけとなったのは、30代の男性コーチが、寮内で生徒に対し暴行を加えていたことが動画で明らかになったことでした。その後の4月25日、警察は、このコーチを暴行の疑いで書類送検しています。

秀岳館サッカー部 段原一詞監督:
(男性コーチの)そういう(暴力)行為を僕は見たことがありません。長く一緒にやっていますので情熱のある人物だと認識をしておりました

コーチを擁護するような監督の発言。ところが会見で、学校側が公表したのは…

秀岳館高校 渡部久義教頭:
今回暴力行為を行ないました30代男性コーチに関しては24件

このコーチによる生徒への暴行は2年間で24件にのぼっていたというのです。さらに今回の問題で、波紋を広げたのがこの動画でした。

「今回の件で、お騒がせしてしまい、本当に申し訳ありません。」

暴行動画が流出した2日後、サッカー部の公式アカウントに、3年生の部員たちが、一連の騒動に対する謝罪動画を投稿。その後、段原監督は情報番組に生出演し、暴行動画について謝罪し、その他の暴行については否定していました。

しかし、学校側からの説明がない段階で部員が実名を名乗り、顔出しで謝罪したことについて、学校に対する批判の声が上がっていました。

これに対し、当初学校側は、「部員が主体的にやった」と説明していましたが、5日の会見では一転して段原監督が部員に対し「顔を出して名乗るように」などと指示していたことが明かされました。

動画投稿生徒を“加害者”で「自分は被害者」生徒を脅迫か
Q.生徒たちが部員たちが顔をさらして、名前をさらして、SNSに投稿するっていうことへのリスクを考えた上での関与?
秀岳館サッカー部 段原一詞監督:
申し訳ございません。私は生徒達の気持ちに賛同してしまって、一緒に考えてしまいました。
申し訳ございません

Q.当初はそういったリスクについて考えましたか
考えておりませんでした。

一体なぜ監督は、謝罪動画の撮影を指示した事実を伏せていたのでしょうか。

秀岳館サッカー部 段原一詞監督:
(部員の意見を)尊重してきたということがすべてで隠したわけじゃありません。でも、結果こうなったことをお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした

「隠した」わけでなく、「生徒の思いを尊重」したと釈明しました。
しかし、謝罪動画が投稿される前、段原監督は、暴行動画を投稿した部員に対して、こんな発言をしていたことも明らかになっています。

(ツイッターで拡散された音声):
(動画を投稿した生徒は)加害者や。俺たちに対する。俺たちは被害者。意味わかる?完全な被害者はたぶん俺だけだよ
(ツイッターで拡散された音声):
弁護士に『被害を受けた』と言って訴えたらどうする

動画を投稿した生徒は“加害者”で、自分は“被害者”だと主張、さらに訴訟の可能性まで口にして、生徒たちを追及していました。

25日にツイッター上で、この音声が拡散すると、学校側は直ちに事実であることを認めました。この音声について、5日、改めて問われた段原監督は…

秀岳館サッカー部 段原一詞監督:
脅したり脅迫したりしているつもりはありません

また、25日に生出演した情報番組での釈明と食い違う説明について、記者から追及を受ける場面も…

Q.不適切じゃなくて合意できたか、ということを聞きたい、その発言が今、生徒の自主性を尊重したい、ものすごいいい雰囲気にみえた。ところが、あの音声動画はあの圧力がそのまま釈明動画に繋がってた。この一連のつながりは、出てきてしまうんです。これはどういうことですか?
私はそういう意図ではございません。でしたが、今そう問われるとおっしゃる通りでございます。申し訳ございません

騒動の渦中にある段原監督。4日、一連の騒動を受けて秀岳館高校で開かれた保護者説明会では…

子どもたちの顔や名前がさらされたまま…保護者は怒り 進退に言及は?
(保護者説明会音声)秀岳館サッカー部 段原一詞監督:
みなさんの声をききまして…
この3年間コロナ禍により、みなさんとのコミュニケーションを十分にはかれず、こういう事態を招いたことを深くお詫び致します。すいませんでした。申し訳ありませんでした

泣きながら土下座したといいます。しかし保護者からは子供を心配する声が…

(保護者説明会音声)保護者:
検索すれば、YouTube、Twitter、全部あがってくる状態、子供たちの顔や氏名を出ている状態のままなんですね。これは、どうなるでしょうか
(保護者説明会音声)保護者:
うちの子も正直言って、学校を変えたいっていうことも言っています
(保護者説明会音声)保護者:
事実確認ができていることはありますよね?生徒にも聞かれておるわけですし、それに関してはどうお考えですか

さらに、監督の進退についても質問が及びました。

(保護者説明会音声)保護者:
段原監督が、サッカー部に関わられるのか、関わられないのか、だけ、ちょっと判断できないんですか?そこだけは早く判断していただかないと大変困っています

保護者の訴えに対し、5日の記者会見では…

秀岳館サッカー部 段原一詞監督:
まずは今、目の前に山積していることについて全力で取り組んで参ります

(めざまし8 5月6日放送)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。