教室で女性教員に暴行、胸触るわいせつ行為も 埼玉県教委、同僚の男性教諭を免職…いつか傷つけようと考え 埼玉新聞

 埼玉県教育委員会は28日、同僚の女性教員に殴るなどの暴行やわいせつ行為をしたとして、東部地区の公立小学校の男性主幹教諭(39)を免職の懲戒処分にしたと発表した。

 県教育局小中学校人事課によると、男性教諭は今年3月25日、校内の教室にいた女性教員の顔を殴るなどして全治10日のけがを負わせた後、胸を触るなどしたという。男性教諭は同26日に強制性交等致傷の疑いで逮捕され、4月15日にさいたま地裁越谷支部に起訴された。

 男性教諭は「人間関係がうまくいかずストレスを抱えていた。被害者にも不満があり、いつか傷つけようと考えていた」と説明しているという。

 高田直芳県教育長は「教職員の不祥事が後を絶たないことについて非常に重く受け止めている。市町村教育委員会、学校と一体となって引き続き教職員の不祥事根絶に全力で取り組む」とコメントした。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/saitama/region/saitama-20220429083540

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。