パチンコで負けた腹いせに破損行為 中学教諭に停職1カ月 沖縄県教委 沖縄タイムス

 沖縄県教育委員会は21日、パチンコ店内のカード精算機のタッチパネルを叩き、液晶画面を破損させたとして、うるま市内の中学校の男性教諭(53)に停職1カ月の懲戒処分とした。

「教わった先生はほとんどいない」 専門学校運営のSOLA学園、1年間で離職44人 学生から不安の声

 教諭は2月17日、学校での勤務後に、名護市内のパチンコ店で負けた腹いせに破損行為をした。同教諭は2017年度にも、器物損壊で減給10分の1の処分を3カ月間受けていた。

 半嶺満教育長は「被害に遭われた方をはじめ、県民の皆さまに深くおわびする。教職員の綱紀粛正と服務規律の徹底を図り、再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/693fdf24081ad96adf2a248715f3b05efcd4dcb0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。