【一般コミック】~!「吉河美希」先生の「ヤンキー君とメガネちゃん」! 感想 レビュー

ヤンキー君とメガネちゃん

Amazon Kindle で 読める オススメの 漫画をご紹介。
画像クリックで商品ページに移ります。「なか見!検索(試し読み)」できます。

ヤンキー君とメガネちゃん

今回ご紹介する作品は「吉河美希」先生の「ヤンキー君とメガネちゃん」です。

Amazonさん紹介文

学校一の問題児・品川大地(しながわ・だいち)にある日、声をかけてきたのは同じクラスの学級委員長・足立花(あだち・はな)。一見、メガネをかけた真面目そうな花だが、実はこの娘、とんでもなくケンカが強く、びっくりするほどバカだった!! 学級委員長として奮闘する元ヤンキー娘・花と、それに振り回される現ヤンキー・品川の学園タンデムコメディ!!

昨年完結した「山田君と7人の魔女」を描いた方だったんですね!ドラマ化した、アニメ化したって、ハマっている人の声を沢山聞いたことがあります。

そんな古河先生のデビュー作!

トイレでタバコをふかしてるような、今では絶滅していそうな時代を感じさせる典型的なヤンキーの「品川大地」君と、三つ編みお下げにメガネの、これまた典型的な学級委員の「足立花」ちゃんがおくる学園コメディ。

読み始めて直ぐに感じたのはヒロイン花ちゃんの違和感。

こんなガンガン来る天然ちゃんってちょっとおかしいと思うし、もし現実にいたとしてもただのウザくてヤバいヤツじゃん?

いまいちノレないなぁーなんて思っていたら、花ちゃんが元ヤンだったと分かって一気に引き込まれました。

なるほど、それならヤンキーにビビらない度胸も、傍若無人な振る舞いも、馬鹿っぽい天然さにもリアリティがあるし、ヤバくて上等!

出会ったときに悪印象な相手ほど好きになってしまうかのように、花ちゃんがたまらなく魅力的に思えてきました。

面白いです。

少女漫画と少年漫画の中間に位置するような絵柄は見やすく爽やかで、ギャグは面白いしくテンポも良いし、万人に受ける作品だと思います。

「軽い気持ちで楽しい漫画を読みたいなー」なんて声があったら、ポンとこの漫画をオススメしておけば間違いない感じです。

うーむ、この吉河美希という漫画家さん……きっと伸びるな!

読み終えたあとでそんな生意気なことを思いながら著者名を検索したところ、なんか凄い大ヒット作家さんだったと気付き、己の無知さに恥じ入りました。

今年完結した「山田君と7人の魔女」を描いた方だったんですね!ドラマ化した、アニメ化したって、ハマっている人の声を沢山聞いたことがあります。

そんな古河先生のデビュー作! 面白いこと間違いなしです!

ヤンキー君とメガネちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像認証です。