光ちゃんが可愛い

光ちゃんの頭

あと一か月と一週間ぐらいでついに一歳になるのだけど、光ちゃんの髪はまだこんなもんだ。

僕自身とても毛深い男だし、彼女もとても男まさりというか男らしいところがある人なので、きっと光ちゃん自身も男性ホルモンが多いのだろう。

光ちゃんの目は女の子らしいクリクリとしたパッチリおめめではなく、自分譲りの一重。

将来鏡を見るたびにここが気に喰わなくて「お母さんに似たかった」とか絶対に言われちゃうんだろうなと、もうそのときに傷つき過ぎないように心の準備をしているんだけど、顔のバランスが凄くいいんだよね。

ボーイッシュな可愛いさ。マジでイケメン。

他人の子供も可愛いけど、ちょっとうちの子は世界で一番可愛いんじゃないかと思ってしまうぐらいだ。

世界中の親(の大部分)が僕と同じ気持ちで自分の子供を見ているんだろうな。

そう思うと、本当に美醜とかって人によりけりなもんだから、他人の評価なんて期待しちゃいけないもんだよねって思うな。

もう僕自身は理想の女性と結婚できたのでもはや異性にもてるつもりも必要も全くないのですけど、モテなくて苦しんでいた時代、馬鹿なことに時間を使ったなと思いますよ。

そんな受け身な姿勢だからモテなかったんだよね。

身体磨くより中身を磨くべきだった。

もう遅いけど。

動けない

それにしても動けない。

旅行とか一切できない。

熟睡している隙に彼女と一緒に近所に外食に行ったりするのも、きっとあと少しで出来なくなる。

ずっと立って足を鍛えているので、ベビーベッドの柵を乗り越えるのも時間の問題だ。

まあけどこの我慢の時間が過ぎれば、あと2年ぐらいしたら一緒に出雲めぐりとか出来るんじゃないかな。

だったらいいなと夢描いている。

一緒に手を繋いで出雲大社とか鰐淵寺とか美保神社とか参拝して回りたい。

想像しただけでウットリだよ。

「パパ~」とか言われてね。

脳汁でちゃう。

そう、光ちゃんって、声がまた信じられないぐらい可愛いんです。

きっと世界で一番可愛い声だと思うんですけど……馬鹿親アピールはもうこれぐらいにしておきます。

それにしてもさ、昔から子供が生まれたばかりの人に子供の話題を振るとみんな嬉しそうに顔をほころばせて返してくれるので、僕は「可愛いですよね」「幸せですよね」みたいなことをよく言っていたんだ。

なんの心もなく、便利なツールぐらいの感覚で。

だけど、今ならそのときのおじさんたちの気持ちが本当にわかる。

可愛いって言いたいんだよね。自分の声でもいいから娘ちゃん可愛いを聞きたいんだよね。

こんなに可愛いのに出会える未来なんて全く想像がつかなかったな。

もう思い残すことはない。

ありがとう。

のぼり詰めたらあとはくだるしかないから。