怒れる光ちゃん

女性暴力

あと一月とちょっとで一歳になる光ちゃん。

パッパとかマンマとか、それが誰に対する呼称なのかはまだ定かではない様子だけど、音としては口に出せるようになってきた。

毎日いろんな成長を見せてくれて嬉しいんだけど、最近「お!」と感じたのが怒りを表現しつつあること。

手を伸ばして取ろうとしているものを遠ざけたりすると、「ギエーツ!」と叫ぶ。

今まではそういうことをしてもちょっと切ない顔をしたり「あー」と落胆した雰囲気を醸し出す程度のものだったのに、もう今では「ギェーツ(ふざけんな!)」ですからね。

あと、ベビーベッドに飽きてきたみたい。

これまでは僕と彼女が忙しくて構えないときも、柵に手をかけてつかまり立ちのトレーニングをしたり、ベビーベッド内であぐらをかいて読書や玩具遊びにふけっていたというのに、もはや一カ所にはいられないようで、外に出すまで泣き叫んでたりする。

何もかも無常だからね。

もうウンザリなんだよね、本当。

けどさ、光ちゃん。

パパだって着たくもないスーツを着て、会社に行くなんてもうウンザリなんだよ?

泣いても誰も助けてくれないの。

ねぇ、どうして?

どうして?

僕もこの檻から出してよ。

お願いだよ、僕もこの檻から出して!!

自分は全く成長しているような感覚がないのに、光ちゃんは光速で成長していく。

ヤバいなあ。こっちも早く大人にならならないといけないって焦るよ。