レクサスを買う親友と1万の炊飯器に涙する僕。

馬鹿ちゃん

昨日の報告。

今日は一日、書評集の改訂というやりたかった作業が出来たので充実しておりました。

だから「発酵黒セサミン」は結構良かったのかもしれない。

ちょっと今夜も続けて飲んでみよう。

前世体験の動画は寝落ちしてしまったので全く理解不能。

またリトライしてみるけど、きっと真剣に聴いてもかからないんだろうな。

その昔、有名な催眠術師にマンツーマンで催眠術をかけてもらったのだけど、全く掛からなかったし。

そんなことより、今日は大きな悲劇が一つ。

なんと、長年連れ添った炊飯器様がぶっ壊れました。

さよなら炊飯器様

2011年から使用し始めて気付けば7年……よく頑張ってくれたものだと思います。

Amazonさんで1万ちょっとのパナソニックのヤツを購入して月曜日には来ることになるけど、ああ、もう財布が痛くてたまらない。かつて無能な催眠術師に払ったギャラより安いけど、今年は辛い。

けどまぁ、お米は絶対に必要ですからね。

彼女の血となり肉となって、赤ちゃんに届くわけですから、こればっかりはちゃんとしておかないといけません。

っていうか、うちのこの手の家電って、僕が7年前に一人暮らしを始めたときに買ったものばかりなんですよね。

洗濯機も冷蔵庫も電子レンジも、みんな仲間が亡くなって悲しみに暮れる気持ちは十分に分かるけれど、後を追ったりしないで欲しいな。

マジで今年は貧乏なんで、頼むよ、本当に。

彼女にゲームを買っただけでもうおしまいなんだ。

そんな状態なのに、僕の親友はレクサスを買ったそうです。

6~700万ぐらいするんだって。納車に時間が掛かるんだって。

僕が貧乏だと知っているくせに、遠慮なくそんなことを伝えてくる親友。

中学時代からずっと一緒に歩んできた親友。

僕が彼女と結婚してやはり若干の距離は出来てしまったけど、心はいつも近くにいると思っていた。

なのに、レクサスですって。

裏切りだよね。

信じられない。

そんな漫画があったら、彼は絶対悪役だよ。

……って、ただコツコツと一生懸命働いてきた結果、欲しかった夢を叶えることが出来ただけの勤勉な友人に、どうしてそういうことが言えるのかね。

卑しい。

全く卑しいヤツだよお前は!

……いや、だけどさ、高級車を買えるお金があったら、やっぱり困っている親友を助けるのが普通だと思うんだよね。

そしたら本当に生まれ変わることが出来るのに。

彼も、そして僕も。

……二度と帰れなくなってしまうので、やっぱりいいや。

僕にはお金も車もないけれど、なぜか最高級の彼女が出来た。

まさに奇跡のような僥倖なのでこれ以上は望めなくても当然だと思うんだけど、それじゃ彼女も我が子も苦しめることになるからね。

僕はもっと幸せにならないといけないんだ。

神様、頼みましたぞ。