3.11 松島に行ってきた。彼女のつわりも終わった。

なんでやねん

土曜日と日曜日、仙台の松島に行ってきました。

いつもよくしていただいているお寺の方々が法要をあげに行くというので、ビデオ係としてご同行。

土曜日に行って一泊して、日曜の朝から午後にかけて法要。

14時46分、サイレンの音を聴きながら黙祷した。

詳しく書き出せばとんでもなく長くなってしまうので書かないけど、久々に人生について深く考えさせられる一日だった。

それにしても先週はハードだった。

別途無料キャンペーンを行う際に改めて告知しますが、またAmazonさんで一冊書評集を出させていただきました。

書評集2

それを是非、旅に出る前に仕上げたいと思って無茶なスケジュールを組んだら仕事も急に忙しくなってしまって、結果として毎日早朝から深夜までぶっ通しでパソコン向かって作業し続けているという状態に。

さすがに今日は有給休暇をいただいて、今後はリラックスして生きたいなと思った矢先に、朝から晩まで昨日の法要のビデオ編集をしているという状態。

もうね、マジでやめよう、こういう生き方。明日からちょっと深呼吸の時間を作ろう。散歩とかしよう。いつもそう思ってるけど無理なんだけど。

そんな焦りまくって生き急ぐ僕をのんびりゲームしながら横目で笑ってくれるのが彼女の素晴らしいところ。

彼女、とうとう先週から長かったつわりが終わってオエオエ言わなくなった。

まだまだ突然咳と一緒に小ゲロが出るようなことはあるようだけど、慢性的な気持ち悪さがあって吐きまくりという状態ではない。

良かった、本当に良かった。

そして明後日からはいわゆる「安定期に入る」とのこと。

安定期っていうのは胎盤が完成してホルモンバランスも落ち着くってだけで、流産のリスクが下がるから何してもいいとかそういうわけじゃない。

まだまだ階段からの突き落としや腹パンはやっちゃダメだから、気をつけなきゃいけない。

笑顔が戻って良かった。