【一般コミック】病気!「轍平」先生の「温泉街のメデューサ」! 感想 レビュー

Amazon Kindle で 読める オススメの 漫画をご紹介。
画像クリックで商品ページに移ります。「なか見!検索(試し読み)」できます。

今回ご紹介する作品は「轍平」先生の「温泉街のメデューサ」です。

温泉街のメデューサ

Amazonさん紹介文

とある温泉地に住む加賀地 巳里は、頭から蛇が生えて(?)いて、目が合った者を石化してしまうメデューサ症候群の女子高生。ある日、転校生の不動くんに告白された巳里だが、彼が夢中なのは巳里の頭部(というか主に蛇)で…!? 湯けむり青春ラブコメディ、ほっこり始まります。

可愛いらしい青春ドタバタラブコメディ

主人公の加賀地巳里(みさと)ちゃんはメデューサ症候群という病気を患っている女の子

まさにギリシア神話のメデューサのように頭から蛇が生えており、目が合った者を石化してしまう為、特殊レンズメガネを着用して生活しています。

メデューサ症候群のせいで友達もできず、いつも一人ぼっちの巳里ちゃん。

そんな寂しい彼女に話しかけてきたのは、転校生の不動君。

「オレ、一目見た時から加賀地さんのコト気になってて……」

ドキドキするようなことを言ってくる彼は、蛇が大好きな天然君。 巳里ちゃん自身というよりは蛇と戯れたい一心で「一緒にご飯を食べよう」とか「うちに遊びにきなよ」と積極的に絡んできます。

初めて出来た友達だし、男の子だしということで、不動君に巳里ちゃんは惹かれていきます。

そこに以前から巳里ちゃんのことを密かに思っていたピュアなヤンキー菅君も現れ、可愛らしい青春ラブコメが繰り広げられます。

三角関係なんて腐るほど見てきましたけど、そこにメデューサの要素が入ってくる漫画なんて見たことがないや。誰もが知っていて、面白くて、その名前だけで特徴が伝わるモチーフですからね。目の付け所が本当に素晴らしい。

しかも、神の毛全部が蛇じゃなくて、個性的な五匹にまとめたアレンジも最高。巳里ちゃんの心情にリンクして変わる蛇の表情も、とっても可愛いです。 

可愛くて面白くて、ちょっと奇妙な作品が読みたい方、是非!

温泉街のメデューサ