選んだテーマが悪かったのだろうか。。。青森 田んぼアート 今年は昨年に比べて観覧者数が8万人も減少

田んぼアート

 青森県田舎館村名物「田んぼアート」の2017年の観覧者数が延べ26万9219人と、過去最高だった16年と比較して約23%、8万人近く減ったことが10日、村むらおこし推進協議会(会長・鈴木孝雄村長)への取材で分かった。

「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」を描いた第1会場(村役場4階観覧デッキ)が16年比20.5%減の13万5474人。「桃太郎」を描いた道の駅いなかだて内にある第2会場(弥生の里展望所)は同26.9%減の11万6993人。役場6階の「天守閣」への来場者が同7.4%減の1万6752人だった。

 17年はともに村のオリジナル作品。16年のNHK大河ドラマにちなんだ「真田丸より 石田三成と真田昌幸」(第1会場)、東宝映画「シン・ゴジラ」(第2会場)に比べ「話題性に乏しくやや地味」との声が出ていた。

 村企画観光課の齊藤晋課長は「昨年は(題材のおかげもあって)テレビ等でPRされた部分がある。さまざまな所で田んぼアートに取り組んでいるので題材、宣伝方法については検討が必要」と話した。

引用元:Yahoo!ニュース

登り詰めたらあとは下るしかないと

下るしかないと気づかなかった(さだまさし 「飛梅より」)

このブログでも以前、「超絶カッコ良い! 青森 田んぼアート 2017!!! 」なんてタイトルで取り上げたのですが、人気に翳りが見え始めてしまったんですね。

諸行無常、盛者必衰。

何もかも飽きられ、ダメになっていくのは世の常。

それにしても、カッコいいのになぁスサノオ様とヤマタノオロチ。

僕はシン・ゴジラみたいな大衆に媚びたテーマよりもこっちの方が渋くて好きだけどね。

あーあ、もうガッカリオロチですよ。

っていうか、オロチってそんなにフレンドリーな存在じゃないしね。

田んぼが壊滅しなかっただけマシ。

来年はピコ太郎にすると良いと思う。

絶対に話題になるから。