大阪 重さ約3トンの祭りのやぐらにひかれた高校生が重症! ツラい思い出だけにならないといいね!!!

やぐら

 8日午後6時45分ごろ、大阪府泉南市馬場の路上で、「ひき手が腰をやぐらに挟まれた」と男性から119番があった。

 大阪府警泉南署や消防によると、同市の秋祭りでやぐら(長さ約7・3メートル、幅約1・7メートル、高さ約3・8メートル)をひいていた高校2年の男子生徒(17)が転倒し、やぐらの車輪にひかれて重傷を負った。救急搬送されたが、命に別条はない。

 同署などによると、事故があったのは、同市雄信達地区の「男里南組」のやぐら。男子生徒は右前でひいていたが、交差点を右折する際、何らかの理由で転倒し、あおむけになった状態で避けきれず、右車輪に腰などをひかれたという。

引用元:mixi news

重さ約3トン!

それで腰をやられてしまったとのこと。

後遺症とか残らないといいね。

自分が高校生の頃だったら、まず「祭り」なんて絶対に乗り気じゃないし。

子供の頃や一周して大人になってからは楽しめるものだけど、もうこの時期に参加する地域の祭りなんてうるさい両親に対する義務感でしかない。

「こんなことで貴重な三連休のうちの一つが潰れるなんて。。。早く自由になりたい!」とか思っちゃって前日までスゲー憂鬱。

だけど実際に始まると、それなりに楽しくなってきてね。

気の良いおじさんとの交流が楽しかったり同級生と会ったりして、「やっぱりこういうのも良いもんだなぁ」とか思ったりして。

そんな感じだったのに、午後6時45分。

夏にはまだ薄暗い空だったものが、もはや真っ暗な夜の時間。

ちょっと気を抜いてバランスを崩して転んでしまった次の瞬間、全身にメキメキと聞いたこともないような音が走る。

尋常じゃない激痛。

気がついたらベッドの上。

この高校生も、そんな感じだったのではないかしら。

。。。ツラいだろうけど、どんなマイナスもプラスに転じることがあるから、「損」だけではない解釈でこの事故を認められると良いね。

医者になりたくなったりとか、看護師さんの制服に欲情するようになったりとか。

なんか得るものがあったら、事故って良かったことになるから。