この世界には飢えで苦しんでいる人たちが 815000000人 もいるという現実。。。

2017年10月1日

地球

世界の飢餓人口、2016年は8億1500万人に

 国連は15日、世界で慢性的な栄養不足に苦しむ人の数が2016年に8億1500万人となり、世界の総人口のおよそ11%に達したとする報告書を発表しました。

 国連が15日に発表した報告書によりますと、世界で慢性的な栄養不足に苦しむ人の数が、2016年に世界の総人口のおよそ11%に当たる推定8億1500万人となり、前の年を3800万人上回りました。

 報告書は、こうした人口がこの10年ほど減少傾向にあったものの2016年は再び増加に転じ、「明らかなブレーキ」がかかったと指摘。その主な原因として各地で紛争が多発していることを挙げ、そこに、干ばつや洪水など気候変動による災害が追い打ちをかけているとしています。

 そのうえで、紛争の影響を受けた食料不足や栄養失調などに対応するためには、緊急の人道支援や長期的な開発援助など「紛争を防ぐようなアプローチ」が必要だと訴えています。

引用元:TBS NEWS

 

忘れてはいけない

どれだけ他と比較して劣っていようと、

普通に生きていられるこの生活が、

どれだけ恵まれているのかということを。

ね。