早くも 正月のおみくじ作りがスタート!福岡 愛宕神社手作業で50万体以上を作る!!!

福岡 愛宕神社

 福岡市西区の愛宕神社で早くも正月に向けて「おみくじ」作りが始まっている。初詣限定の「目出鯛(めでたい)みくじ」と「だるまみくじ」など計16種類。11月末を目標に、神職や巫女(みこ)たちが手作業で計50万体以上を作る。

 初詣の人出の見込みは50万人。種類が多く、10月中旬には七五三の準備もあるため、今から取りかからないと間に合わないという。新人巫女の堀江美月さん(21)は「初詣に来て下さる方の幸せや平和を願って作ります」とにっこり。

http://www.asahi.com/articles/ASK8P2QJKK8PTIPE003.html

手作業で50万体以上

絶句しちゃうような量ですな。

まだまだ暑いのにちゃんと装束を着て作業してくださるの、有難いですね。

御神籤を引く人にとってはそれ一枚一枚が年始にいただく神様のお言葉。

浄められた、霊験あらたかなものをいただけるんだなと感じられるのはとても嬉しい。

それが取材のときだけでも。