ファイトマネー 100億円 の世紀の一戦はメイウェザーの完勝に終わる! メイウェザー vs マクレガー!

2017年9月14日

プロボクシング・Sウエルター級12回戦(26日、米ラスベガス)元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(40)=米国=が、世界最大の総合格闘技団体「UFC」2階級制覇王者コナー・マクレガー(29)=アイルランド=に10回TKO勝ち。50戦全勝(27KO)とした。

黄金のグローブが光り輝いた。覆面姿で入場したメイウェザーが「世紀の一戦」を制した。ボクシングデビュー戦となったマクレガーの動きを冷静に見極め、4回から反撃開始。クリンチに逃れる相手にボディーを打ち込み10回にラッシュをかけると、レフェリーが試合をとめた。UFC王者を一蹴し、オクタゴン(八角形)からの刺客に格の違いを見せつけた。

メイウェザーは一昨年5月にマニー・パッキャオ(フィリピン)との「世紀の対決」を制した。同年9月の試合で49戦全勝とし、伝説のヘビー級王者ロッキー・マルシアノ(米国)に並んで引退していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000531-sanspo-fight

楽しかったお祭り

蓋を開けてみてればメイウェザーの圧勝、完勝でしたね。

世界中の格闘技ファンが「総合とボクシングじゃルール違うし……」と思いながらも目を逸らすことの出来ない、楽しいお祭りでした。

僕も見ていて3Rまでは「マクレガーいけるじゃん!」って思ってたんだけど、それもこれも全部メイウェザーのゲームだったとは。。。やはり、その道を極めた人は違いましたね。

格闘技っていつも残酷で、不利とされている方が勝つことなんて滅多にない。

だからこそ、奇跡が見たくてアップセットに期待してまうんだよね。

ちなみに、この一戦だけでメイウェザーは1億ドル(約100億9400万円)、マクレガーは3千万ドル(約32億8千万円)のファイトマネーが最低保証され、更にPPVの売り上げに応じてボーナスがプラスされるとか。

いろんな意味で夢のある一戦でした。