ロシア発 死のゲーム「青い鯨」! インドで流行り10代の少年が相次いで飛び降り自殺!

【8月24日 時事通信社】インドで「青い鯨」と呼ばれるゲームに熱中したとみられる少年が自殺する事件が相次いでいる。死者は24日までに少なくとも3人に達した。ゲームでは、何者かがインターネット交流サイト(SNS)で「指示」を出しているとされ、当局がフェイスブックなどに対策を要請している。

 インディアン・エクスプレス紙などによると、「青い鯨」は何者かがSNSを通じて複数の指示を出し、参加者が実行した「証拠」の写真や映像をフェイスブックや写真共有サイト「インスタグラム」に投稿するゲームとみられる。

 参加者は50日間、毎日別々の指示をこなす必要がある。「朝4時20分に起きる」「特定の音楽を聴く」といった当初の簡単な指示から、「腕にかみそりで文字を刻む」など次第にエスカレート。50日目には「建物から飛び降りろ」との指示になるという。SNSに熱中し、自らを誇示したい若者の心理を巧みに利用しているようだ。

 主要メディアは、7月29日に西部ムンバイで14歳の少年がビルの6階から飛び降りたのが最初の死亡例と報じている。その後、約1カ月で南部ケララ州、ニューデリーで相次いで10代の少年が死亡した。

 当局はいずれの事件も背後に「青い鯨」があるとみて捜査。ニューデリーの高裁は今月17日、IT大手グーグルやフェイスブックなどに対し、「青い鯨」へのリンクを見つけ次第、削除するよう要請した。

 インディアン・エクスプレスは、「青い鯨」はロシアが発信源とされていると紹介。自殺例は世界中で報告されていると報じている。(c)時事通信社

http://www.afpbb.com/articles/-/3140222

SNSと子供

有名な心理テクニックで「イエスの梯子」というのがありますけど、その悪用ですな。

簡単なネタをクリアし続けると、あとに引けなくなってしまうもの。

「幼いうちからネットやゲームをやらせるのは良くない」と聞きますけど、それ以上にSNSは考えなきゃいかんよね。

10代の少年なんて簡単に騙せちゃうよ。

そして馬鹿な子供を殺して「楽しい」と思える大人と繋がることも、こんな風に起こり得ることだからね。