お帰りなさい、待ってました! “野獣” 藤田和之 選手 復活!!!

“野獣”藤田和之(46)がいよいよリングに帰ってくる。藤田は昨年9月25日の総合格闘技イベント「RIZIN」さいたま大会で元大関把瑠都(32)に敗れ、涙ながらに引退を示唆。その後は表舞台から姿を消していたが、23日に突然本紙のインタビューに応じると、一転して強気に復活を宣言した。約1年間の潜伏期間を経て、引き締まった肉体を見せつけた野獣は「まずケリをつけないといけない相手が4人いる」と高らかに宣戦布告を放った。さあ、戦闘再開だ――。

 ――電撃復帰するとの情報が流れている

 藤田:復帰…? いや、そもそも俺はひと言も「引退する」なんて言ってないですよ。

 ――昨年、把瑠都(RIZINでのリングネームはバルト)に負けた際、涙ぐみながら「すっきりした」などと発言したのでそう思っていた人は多い

 藤田:俺としては「ひと区切り」とは言ったけど「引退」とは言っていない。いったんリセットするっていう意味だった。いい迷惑だ、まったく。

 ――迷惑というと

 藤田:仕事がなくなった。把瑠都戦の後、オファーがこなくなって「何でだろう?」と思っていたら、引退したことになっていたんだ。風評被害だ。マスコミのせいだ!

 ――……。引退したことになっていたと気づいたのは

 藤田:年明けくらいかな。俺が引退したら面白いと思って、そういうことにしやがって。

 ――昨年10月には師匠のアントニオ猪木氏(74=参議院議員)をあいさつに訪れている

 藤田:あれは、IGFを離れるあいさつに行っただけですよ。猪木さんはあいさつを大事にされる方だから。猪木さんにはその意志は伝わっていたと思う。

 ――ということはオファーがあれば…

 藤田:どこでも出ますよ。MMA(総合格闘技)も、プロレスも。リングも、金網も、何でもやりますよ。オファーはないけど、コンディションもいいから。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000034-tospoweb-fight

うぉぉぉぉお!

大好きな選手で、凄く嬉しい!

引退式とかやった選手がお涙頂戴でお金をもらっておいて復活するのは詐欺だなと思いますけど、藤田選手は何もしていないし、何の問題もなし!

ただ、ただ、嬉しい!!!

テンション上がってウッキウキになってくる!!!

真壁選手との試合が見たい!

これからのご活躍、心から期待しております!