ババザデ さんの イスラム教女性の装束「ブルカ」を使った アート に世界中が注目!

(CNN) イスラム教徒の女性が体全体を覆う衣装「ブルカ」をテーマに、固定観念を打ち砕くような写真を撮り続ける女性がいる。アフガニスタン出身の米国人アーティスト、ベナズ・ババザデさんだ。

顔や体をベールで覆ったイスラム教徒の女性。その姿は現代の欧米社会で、強烈な政治的意味を持つ。中でもブルカは、非イスラム教徒の目から見て最も異様なベールだ。

異質なものは怖い、だがそれを口にすれば差別になる。人々の交錯する感情をさらにえぐるように、ババザデさんはブルカを撮る。その作品は見る者の心に焼き付き、昨年は世界的な講演会運営団体「TED」の関連イベントで話す機会も得た。

ババザデさんは幼い頃、家族とともにアフガンからイラン経由で米国へ移り住んだ。故郷で大人の女性たちがまとっていたあのきれいな布が、ここでは必要ないらしい。それを知って驚いたことを覚えている。

米同時多発テロが起きたのは10代の時。それまでは米国人がほとんど耳にすることもなかったアフガンという国に、全米の関心が集まった。自分も祖国の風習をもっとよく知りたい。そんな思いがババザデさんを制作に駆り立てた。

学校でデザインを学んだババザデさんは、さまざまな実験的試みを写真という形で記録することにした。

学生の頃、「ラテックス・レディー」と呼ばれる英国人のことを聞いたことがある。性行為で拘束、調教、支配される役を好む女性で、拘束衣用にラテックス製のブルカを特注したという話だった。

ババザデさんはその実利的な発想に刺激を受けて、「ブルカフィリア」という短編映画を作った。ブルカに「愛好」を示す「フィリア」という言葉を組み合わせたタイトルだ。

祖母からイスラム文化の話を聞き取る作業を始めたのも、この時期だった。結婚前に男女の接触を禁じる戒律のせいで、新婚初夜には二人ともどうしたらいいのか分からないという話を聞いた。

ここからさらに、ブルカをフェチ(異常なまでのこだわり、愛着)の対象として扱う試みを思い立つ。自分の心の中で交わされる西洋と東洋の対話を形にしたい。そんな願望から生まれたのが、「食べられるブルカ」のシリーズだ。

アフガンから渡ってきた子ども時代のババザデさんは、米国のお菓子にすっかり魅了されていた。特に大好きだったのは、果汁を固めて薄く延ばした「フルーツ・ロールアップ」。まず、このお菓子でブルカを作ることにした。鮮やかな赤い色は欲望や愛、戦争、危険の象徴だ。

ブルカに使ったフルーツ・ロールアップは計500本前後。長い時間をかけて完成させたら、今度は自分がその中に入って撮影タイムだ。

グミや綿菓子、ハロウィーンの砂糖菓子でも同じ作業を試みた。米国の人々からは予想外の反響があった。興味をそそられた、興奮したという声も寄せられ、イスラム圏の女性が欧米でどう見られているかという議論まで巻き起こった。

最新のシリーズでは、ババザデさんがアフガンの伝統的な青いブルカをまとい、米国での日常のさまざまな場面に登場する。ババザデさんは日々、作品の自然な流れに身を任せ、自身の歴史を知り、見てくれる人と知識を共有しながら、制作活動に取り組んでいる。

綿菓子で作ったピンク色のブルカ

behnaz-babazadeh

https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35106171.html

ババザデやりすぎwww

なんかツボに来ちゃいまして、スゲー笑いましたwwwwww

その深いメッセージ性を汲み取ろうとすればするほど、逆にそのマジな感じやシュッとした感じが面白いよねwwwwww

気合いを入れてこのお菓子ブルカでハロウィンに参戦 → 暑くて1時間で離脱 みたいな伝説を残して欲しい。

あとユーチューバーをやって欲しい

「ニンテンドースイッチ 30台プレゼント!」とか、なるべくなんの脈絡もない俗っぽいことをやって欲しい

よろしくお願いします!