パワハラ レスキュー 小隊長 29人の部下に「死ね、辞めろ」の暴言、暴力!

 「死ね」「辞めろ」と暴言を吐き、殴るなど部下計29人に対しパワーハラスメント行為をしたとして、山口県長門市は22日、同市消防本部西消防署の男性小隊長(42)をとした。県警長門署は暴行の疑いもあるとみて調べている。

 同市消防本部によると、小隊長は2012年ごろからパワハラ行為を繰り返していたとみられ、被害は小隊長と部下の2人きりでの勤務時に集中していたという。パワハラ被害を受けた職員のうち1人は今年7月末に依願退職した。

 大西倉雄市長は「誠に遺憾。消防本部には猛省を求め、不退転の決意で再発防止に取り組むよう指示した」とコメント。市消防本部は退職金が出ない懲戒免職としなかった理由を「小隊長と部下の意見に食い違いがあり、診断書など被害の具体的な証拠がなかったため」と説明している。

http://www.sankei.com/west/news/170822/wst1708220087-n1.html

甘えん坊さん

きっと「命のかかる現場には緊張感が必要だから厳しく指導した」とか言い訳したんでしょうけど、上からの指示が悪い時でもこの手の人は絶対に上には逆らわない。

「俺の可愛い部下たちが死んだらどうするんですかぁ!」とか上に喰ってかかるなら、ムカつかれながらも慕われるんだけどね。

立場が下の人間だけを選んで暴力を振るう、怒鳴り散らす。。。そんなヤツには誰もついてこない。

熱血馬鹿ならぬ、ただの馬鹿。

ストレスのはけ口に、弱い自分の強い強いゴッコに。。。部下に甘えないでいただきたいよね。

42歳厄年。

自業自得パターンである。