限界集落にある廃校跡にニートが集結!? 地域にしっかりと貢献し、大活躍中!!!

和歌山県田辺市の限界集落にある廃校跡に、都会から若者が続々と訪れ住み始めている。定職に就かず「ニート」とも呼ばれる人々が、自由な生き方を求めてたどりついた。今では地域おこし事業や力仕事などにも積極参加し、貴重な戦力として歓迎されている。

 「思った以上に出来が良いですね」。JR紀伊田辺駅から車で1時間半。紀伊半島のほぼ真ん中、山と清流に沿うように民家が点在する五味地区の畑で、ニンニクを収穫していた奥谷成(じょう)さん(27)が笑顔を見せた。東京都出身。高校3年生の途中からひきこもり生活を続けていたが、2014年に移り住んできた。

 奥谷さんが暮らすのは、NPO法人「共生舎」が拠点とする小学校の元校舎だ。ひきこもりの若者を支援しようと発足したが、14年に代表者が亡くなって以降、利用する若者が自主運営する形に変化。3年前、奥谷さんら2人だった住人は、インターネットなどで情報が拡散し十数人に増えた。部屋15室はすべて埋まっている。

http://www.asahi.com/articles/ASK8P31SWK8PPTIL009.html

素晴らしい取り組み

「ニート」と聞くと、「ただ働かないナマケモノだ」とレッテルを貼る人たちが多いものですが、そこにもちゃんとグラデーションがありますからね

働きたいのになんらかの理由で働けなかった方や、働く意志を一時的に失っているだけの方もいます。

そんな方々に再起のチャンスを与える取り組み、良いじゃないですか!

自分が山のようにお金を持っていたら、会社を作って社会貢献のためにもニートの方々を雇いたいな。

心のある人なら何度でもやり直せるさ!