ハタチの結婚は離婚しやすいのか!? ママゴト婚になった芸能人たち!!!

6月に行われた『第9回AKB48選抜総選挙』の開票イベントで結婚を宣言し、物議を醸すことになったNMB48の須藤凜々花(20)。その4日後に開かれた記者会見では、一般男性からプロポーズを受けたことを明言したものの、ここに来てドイツでの“博士号取得計画”を口にするなど、須藤の心は揺れ動いているようにも見える。そんな彼女を心配するファンから「20歳での結婚は早すぎる」といった声も聞かれるが、女性タレントの結婚時期を調べてみると、20歳でゴールインするケースはけして珍しくなかった

1997年10月に、同じ小室ファミリーであったTRFのSAM(55)との結婚と、妊娠3か月であることを発表したのが、当時20歳だった歌手の安室奈美恵(39)。人気絶頂だった安室の結婚に、世間からは驚きの声が上がったが、幸せは長く続かず、2002年7月に離婚している。離婚の原因はSAMの両親が安室に対し、家事や育児に専念するよう迫ったためだといわれているが、真相は定かではない。

SPEEDの元メンバーで、神戸市議会議員との不倫疑惑が報じられた自民党の今井絵理子参院議員(33)も20歳で結婚した一人。相手はロックバンド175R(イナゴライダー)でボーカルを務めるSHOGO(37)で、2004年5月の結婚発表時にはすでに妊娠5か月だった。同年10月に長男を出産したが、2007年7月にはSHOGOと別居していることが判明。関係修復は難しかったようで、その2か月後、今井が自身の公式ウェブサイト上で離婚を発表し、息子を女手一つで育てることになった。

20歳で結婚といえば、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイで代表取締役社長を務める前澤友作氏(41)との破局が報じられたタレントでモデルの紗栄子(30)も忘れてはならない。2007年8月、北海道日本ハムファイターズに当時所属していたダルビッシュ有投手(31)との婚約と妊娠6週目であることを発表すると、その3か月後に20歳で結婚。その後、二人の男の子を授かったものの、2012年1月に離婚が成立している。離婚の原因は紗栄子の浪費癖だと噂されたほか、離婚後に彼女が多額の養育費をダルビッシュに要求したという報道もあったことから、紗栄子は一時、バッシングを受けるハメになってしまった。

うって変わって、離婚とは無縁に見えるのが、「元モーニング娘。」の辻希美(30)。俳優の杉浦太陽(36)と20歳で結婚して以来、夫婦生活は円満らしく、SNSには杉浦とのツーショット写真をたびたび投稿し、そのラブラブぶりがファンの間で話題を呼んでいる。また、妊娠をきっかけに芸能活動を休業していたが、2009年1月に仕事へ復帰すると、自身がプロデュースするベビー服ブランドを立ち上げるなど、3人の子どもを持つママタレントとしても活躍中だ。

辻は別として、20歳で結婚した女性タレントは、わずか数年で離婚しているケースが目立つ。若さゆえに突っ走ってしまったのかもしれないが、離婚はなにかと苦労が伴うもの。結婚するときはくれぐれも慎重に判断したいものだ。

https://taishu.jp/detail/29084/

人はいつまでも幼い

中学生みたいな中年や老人がいっぱいいるように、人間っていつまで経っても幼いものですからね。

早くに結婚して「こんなはずじゃなかった」とか「遊び足りない」とか思ってしまう人は、30でも40でも50でも60でもそんな風に思ってしまうもの。

人間って心があるから複雑だよね。

種としての本能に従うなら、身体が求めるまま子供を産めるうちに男をとっかえひっかえしてガンガン産み続けるのが機能的にベストなのでしょうけど、人間としてそれは出来ない。

だけど心が求めるような運命の相手っぽい人にはなかなか巡り会えないし、考えたり選んだりしているうちにどんどん時間だけが過ぎていく。

30代後半ぐらいの独身女性と話すと、大抵の人が「若い頃は当然結婚できるものだと思ってた」って言うんだよね。

「ご冗談を」って思う。