浜辺には危険も沢山埋まってる。。。小学2年生男子、火がついたまま放置されていた BBQ用の炭 を踏み 両足裏 を 大火傷!

■砂浜に炭を埋めるのは絶対にやめてください。

8月16日15時30分ごろ、砂浜で遊んでいた小学2年生の男の子が、浜辺に放置されていたバーベキュー用の炭を踏み、両足の裏をやけどする事故がありました。男の子の家族と男の子が宿泊した温泉旅館が「もう二度と同じ事故が起きて欲しくない」と事故を公表。編集部の取材に応じました。

事故によりけがを負った男の子の足。両足に痛々しく包帯が巻かれている

火傷

事故があったのは、透き通るような海の美しさから「積丹ブルー」とも呼ばれる北海道積丹郡(しゃこたんぐん)浜西河の砂浜。北海道千歳市に住む小学2年生の男の子は、家族らとともに積丹郡に訪れていましたが、当日予定されていた船釣りがしけで中止になったことから、砂浜で遊んでいました。

以下、全文を読む

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/19/news029.html

浜辺の恐怖

炭は論外だけど、ガラスの破片や釣り針とかで足を切ってしまったという話も聞くし、浜辺って結構恐いよね。

こういう話を聞くと、真っ先に思い出すのが「落とし穴殺人事件」。

事件のヒドさよりも、あの友人のパンツが何よりも印象に残っています。

落とし穴殺人

デザインのせいじゃなく、ただ、ただ下品。

いろんな意味で、浜辺には危険がいっぱい。

注意していこう。