口から摂取する グルコサミ ンは役に立たない! コラーゲン と同じでその効果に科学的な根拠はなし!!!

テレビCMやドラックストアの店頭でよく見かけるサプリメント「グルコサミン」。実際に飲んでいる人も多い人気商品だ。「グルコサミン」は、軟骨成分である「プロテオグリカン」や関節液の「ヒアルロン酸」の原料となる。さらに、グルコサミンは軟骨成分の合成を助ける作用もあるため<グルコサミン=関節にいい>というわけだ。

また、関節部分の水分保持の働きをもつ「コンドロイチン」は、グルコサミンが元となる。ちなみに、関節をスムーズに動かすのに必要なヒアルロン酸は、加齢とともに減少する。関節の痛みや不調に対してヒアルロン酸を注射するのは、潤滑成分を補うことで解決しようという考えからである。そういうわけで、<グルコサミン=関節にいい>というイメージは一般的に定着し、サプリメントとしても高く認知されているのだ。

ところが最近、グルコサミン信奉者にとって、残念な報告がもたらされた。それは『BMJ Journals』(7月28日オンライン版)で発表された。
原題は『Subgroup analyses of the effectiveness of oral glucosamine for knee and hip osteoarthritis: a systematic review and individual patient data meta-analysis from the OA trail bank』である。
つまり、邦訳すると<口から摂取するグルコサミンは、膝や股関節の痛みには効きません>……。

■ グルコサミンは効かない!?

グルコサミンに関する研究結果は、これまでにも複数が報告されている。
今回の最新研究では、それらの「グルコサミンのサプリメントを摂取した(3カ月間~2年間)グループと摂取しないグループを比べた」エビデンスレベルのいちばん高い「ランダム化比較試験」を集めて比較した。

その結果、性別にかかわらず、関節に炎症が生じているグループ、過体重なグループ、痛みが強いグループなどすべての群において、短期間(3カ月)でも長期間(2年間)でも「グルコサミンは飲んで飲まなくて結果に差がない」というのだ。これまでグルコサミンの効果を信じて愛用してきた人たちとっては、衝撃的である。

■ 消化されたグルコサミンが関節に浸透するのかという疑念

たとえば、アメリカにおけるサプリメントの市場は巨大だ。
米国国立保健統計センターの最新の報告によると、2012年にはサプリメントに約130億ドル(約1兆3000億円)が消費され、なかでもグルコサミンは売れ筋のひとつだ。

日本でもドラックストアや通信販売でサプリメントは人気商品である。ところが、今回の研究結果は、グルコサミン人気に水を差すものとなった。関節部位に直接ヒアルロン酸を注射するならまだしも、冷静に考えると、口から摂取して胃腸で消化されたグルコサミンが膝や股関節に浸透する――のだろうかという疑念は湧く。

■ グルコサミンで腹痛・頭痛・下痢・胸やけ

しかも、グルコサミンには副作用があるのをご存じだろうか?グルコサミンの副作用には、腹痛・頭痛・下痢・胸やけなどが公表されている。効かないばかりか、過剰摂取で健康を害する危険性さえある。

(以下略)

http://healthpress.jp/2017/08/post-3170.html

ワケわかんないよね

似たような話で「コラーゲンは効果なし!」という話を書こうと思っていたのですが、今検索をすると「コラーゲンは効果なしとする説はデマ」だとか、「コラーゲンは効果なしとする説はデマじゃない」とか、ワケのわからないことになっていますな

いつも簡単に定説がひっくり返ってしまう。

成分に詳しい研究者でもない一般人の僕らは言われるままに踊らされるしかないよね

まぁ、多分、不食が一番だよね。

「チベット旅行記」の川口慧海さんなんて、午前中しか食べない生活を続けたまま前人未到の大冒険を達成し、1866年2月26日(慶応2年1月12日) ~ 1945年(昭和20年)2月24日まで、短命の時代に80年も生きた。

ジャニさんは飲まず食わずで70年生き続けている。

サプリ大国のアメリカがデブだらけだったり、日本でも実家暮らしでバイトもせずにネットかゲームばかりやってて口を開けば親の不平不満ばかりを口にする女の子が若くしてミシュランと同化するパターンが多いように、運動量が減っている現代においては不食こそが最大の健康法なんじゃないかと思うよ。

……それが出来たら楽なんだけどね。