長寿の秘訣がいっぱい! ご飯食にする、卵を食べる、豚肉を食べる。。。まぁ、とにかく幸せに生きなきゃね!!!

【この差って何ですか?】(TBS系)2017年8月8日放送
「100歳を超えても元気な人、100人にアンケート」

今や日本は世界屈指の長寿大国だ。100歳以上の高齢者は年々増加していて、2016年には6万5692人を数えている。

番組では、100歳を超えて元気に過ごしている100人に、普段どんな生活をしているのかアンケートを実施。食生活や睡眠、健康法など、様々な共通点が見つかった。

朝食はパンよりご飯

朝食べる主食は、パンが23人、ご飯が77人と、ご飯を食べる人が圧倒的に多かった。

白澤抗加齢医学研究所の白澤卓二所長によると、パンよりもご飯の方が咀嚼(そしゃく)回数が多い。食パンを1枚食べるのに噛む回数が350回なのに対し、ご飯は茶碗一杯で600回噛んでいる。

咀嚼回数が多いと、唾液が多く分泌される。唾液の中に含まれる「ペルオキシダーゼ」という成分は、活性酸素を減らしがんを抑制する。

さらに、噛む力と下半身の力は比例していて、噛む力が強い人は転倒しにくい。多く咀嚼することで、丈夫な足腰を保てるのだ。

1日に食べる卵の数は、1個が60人、2個以上が40人だったが、白澤氏は「40%が1日2個以上卵を食べている」結果に注目した。

卵は1日2個以上食べるとコレステロール値が上がると言われていたが、2015年の厚生労働省の発表では、食べているコレステロールと血液中のコレステロールは関係ないと報告された。全く卵を食べない人と、1日5~10個の卵を5日間連続で食べた人の血液中のコレステロールを比べると、ほぼ変わらなかったという実験結果もある。

卵には肉や魚より良質なタンパク質が含まれているほか、黄身に含まれる「コリン」という成分はアルツハイマー病を予防する効果がある。117歳で亡くなった、イタリアのエマ・モラーノさんは、若い頃から1日3個以上の卵を食べ続け、100歳を超えても認知機能が低下しなかったという。

卵は糖質が少なく、血糖値も上がらない。1日2~3個食べるのが理想的だ。

以下、全文を読む

http://news.livedoor.com/article/detail/13480228/

長寿の秘訣!

……の玉手箱のような記事ですな。

「みんな豚肉を食べている」とか、「おやつを食べている」とかいろんな秘訣がありますので、是非全文をご覧ください。

まぁ、何を食べようにもストレスを抱えていたら意味ないんでしょうね

それにしても、100歳なんて途方もない数字だなぁ。

絶対にそんな生きるわけがないと思っているけど、その頃には医療もスーパー進んでいるだろうから、この命は200歳まで生きるのかもしれないよね。

明日交通事故で死んじゃうかもしれないけど。

まぁ、未来も過去も妄想でしかないんだけどね。

今しかないんだ。