松本人志 さん「不倫はするな」という時代の声に異議! その 欲求を 原動力 に出来ない表現者たちを危惧する!

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、13日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、同事務所の後輩であるお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)の不倫疑惑報道についてコメントした。

9日発売の週刊誌『週刊文春』で、2人の女性との不倫疑惑が報じられた宮迫。記者の直撃を受け、自身の疑惑を「オフホワイト」と表現し、「一線は越えていない」と釈明しながら、ホテルで10時間密会していたことは事実と認めた。

宮迫が生出演した『バイキング』をはじめ、このことを取り上げた『ミヤネ屋』なども見たという松本は、「わりとみなさん優しく宮迫を包んでいる感じは良くも悪くもありましたね」と感想を述べた。
その上で、「僕は宮迫のことをその人たちの中でも知っているので。2人の女性と結果的に3泊しているわけですよね。宮迫ですよね? 僕は考えたんです」と前置きし、「ボケでも何でもなく、マジで8回やってます」「8回やってますね」と重ねて断言。
「(一線は)越えてる越えてる。全然越えてるよ」と宮迫の言い分を完全否定して笑いを誘った。

また、妻への気持ちを神妙な面持ちで語ったことについても、「完全に演技ですよね」と切り捨て「テレビ見ながら何回言うたか。出たよ宮迫。宮迫節炸裂ですよ。嫁の時なんかこぶし回しまくり』」とイジり倒した。
一方で、「ただ、先週の続きになってしまいますけど不倫が良い悪いは置いといて。僕らお笑いの人間は、学生時代から女性にモテたくてがんばる。どうしたらいいんやろうと思った時に面白いことを言おうと。トーク力を鍛えて気を引くというのをやってきたわけじゃないですか? それでうまくいって現在に至る。動物で言うところの求愛ダンスを磨いてきたんですよ。ほかの雄ができないようなダンスのキレと『こんなダンスステップ踏めないだろ』みたいな求愛ダンス。声の出方とか色合いとか。それで他の雄よりも一歩先に出て、メスを誘き寄せたわけですよ。それで成功した。それがエンターテイナー」という視点も。

「でも、今の世の中、マスコミの流れは『そのダンスはどんどん磨け』と。それでメスが寄ってきても『交尾はするな』と。この矛盾に、われわれはどう立ち向かっていきましょうか。分かるよね? 不倫が良い悪いではなくて。われわれは何を原動力に求愛ダンスをすればいいのか」と投げかけ、先週の放送に続いて「僕は結婚する時、『こんなに求愛ダンスしたらアカン』と言われてなかった」と主張。
「一生懸命筋トレしながらも、俺なんのために筋トレしてるのかなと。夜、大胸筋触りながら泣いてるもん」と吐露して笑わせながらも、「この先のエンターテイメントが心配。芸人に限らず、ミュージシャンや役者の人も。原動力が無くなるとこの先どうなっていくのか」と危惧する。

(以下略)

http://news.mynavi.jp/news/2017/08/13/034/

人類の進化

セックスが原動力じゃなくなる。

そして新しいものが生まれる。

素晴らしいことじゃないですか。

イジメで笑いが取れなくなるのもそう、何もかもが変わっていくんです。

諸行無常。

表現者の方々も活躍の場所を変えてはいかがでしょうか。

セックスを原動力としなくてはならない方々は、一夫多妻制の国で頑張れば良いんですよ。

誰も文句言わないし、それが男性として魅力的なことだと崇められるし、良いことだらけですよ。

磨き抜かれた求愛ダンスで世界進出!

一流のエンターテイナー!!!