絶対に死なないで! 松原タニシ ついに「本物の部屋」を借りることに成功か!?

松原タニシ

“事故物件芸人”松原タニシ、ついに「住めない物件を借りてしまった」

 過去に自殺や不審死、殺人などの起きた通称・事故物件を渡り住む異色のお笑い芸人、松原タニシ(35)が12日未明、東京・六本木ニコファーレを皮切りに全国怪談ツアー(9月27日まで)をスタート。サンケイスポーツの取材に、最近ついに「住めない事故物件を借りてしまった」と告白した。(サンケイスポーツ)

 先月から借りた千葉市の2階建てアパート1階の1室(1K、家賃2万7000円)で、「薬物の過剰摂取で亡くなった女性の住んでいた部屋なんですが、借りた初日に部屋に入った途端、気絶してしまった」と苦笑。その後も度々気分が悪くなるため、現在は漫画喫茶などで生活。「これまで暮らした他の物件4件でも、夜中にフワフワ白いものが飛んだり、パチパチ拍手を浴びたりとかの現象には遭ったんですが、住めないのは初めて」と困惑気味だ。

 最近はこうした体験をもとにテレビ出演や本の執筆、漫画の企画などのオファーが殺到中。“見えない存在”に助けられている格好だが、実は父の要さん(75)は神戸・真宗寺の僧侶。ひょっとすると、日頃死者を弔う父親の存在も強力にバックアップしている!?
http://www.sankei.com/entertainments/news/170813/ent1708130007-n1.html

大人気

ご本人のツイッターを見ると、夏のスケジュールが。

夏は引っ張りだこですな。

文字通り身体を張って、面白いことをやられている方って素敵ですね。

一般人がなかなかできないけど興味深いこと、バカバカしいことが出来るのは芸人さんの強み。

こんな方にこそ、是非ともご活躍いただきたい。

以下のサイトのエピソードも面白かった!

事故物件を渡り歩き3年 芸人・松原タニシの生き方とは?

仕事で京都府内の喫茶店へ入ろうとすると、店の女性に「ちょっとあなた、入らないで。あなた背中重いでしょ」と言われた。確かに朝から体のだるさを感じていたそうだが、女性はさらに「背中に女性の霊がしがみついてるから入らないで」と言われた。初対面で全く知らない人からそれを言われたのはショックを受けたという。

また、同時期に関西テレビ「稲川淳二の怪談グランプリ2013」のオーディションを受けたが、始まった瞬間、撮影カメラマンが手に付けていた数珠が、突然はじけるハプニングもあった。プロデューサーから「怖いこわい、これ以上しゃべらんでいいから番組出てください」と言われ出演決定。本番では稲川から「えらいね~」とほめられ、優勝はできなかったが、出演していた霊媒師から「残念でしたね。けど、あなたがついているものは『裏チャンピオンですよ』」と言われた。

https://thepage.jp/osaka/detail/20160528-00000002-wordleafv

急に自殺とかされると怖いから、絶対に死なないで!