「曲を作るたびに男を取り替える!?」 馬鹿か!? 加治ひとみ 山里亮太 にキレられる!!!

8月3日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、“神ボディを持つ歌姫”として話題になっている歌手の加治ひとみ(29)が出演。男性を利用するという独特な作詞作りに、南海キャンディーズの山里亮太(40)が怒りをあらわにした。

 この日は、“曲を作るたびに男を取り替えるアーティスト”として加治が出演し、タレントのマツコ・デラックス(44)やナインティナインの矢部浩之(45)らとトークを展開した。その中で、加治は16歳の頃から書きためた日記を基に、デビュー曲などを作詞してきたと告白。自身の実体験をベースに作詞するスタイルであることから、自らを「和製テイラー・スウィフトみたいな感じ」と説明した。

 加治によると、作詞のために男性を取っ替え引っ替えし、さまざまなシチュエーションでデートを繰り返しているという。たとえば日常の風景をテーマにした曲の作詞をするときには、男性を呼び出してスーパーで野菜を買うデートをしたそうだが、歌詞のフレーズが頭に浮かぶと、デート開始から20分しかたっていなかったにもかかわらず、その男性には帰ってもらったのだとか。デート中でも「ピンときたワードがあったら、帰ってもらう」とためらうことなく語る加治に対し、矢部はもし自分がその男性だったら困ってしまうと苦言を呈した。

 さらに、加治が「ガツガツくる人を呼び出さない。山里さんみたいな、一見ああいう感じの人が好き」と山里の名前を口にしたところ、「君、うちのリングに上がってきた?」と闘志を燃やし、「君、かわいいからって、それ利用して男呼び出すだけ呼び出して20分で帰らせる? ずいぶんなもんだね。男はなんで君のところ来るか分かるかい? 君が好きだからだよ。その気持ち使って曲作る? そんな曲がいい曲かね!」とまくしたててブチ切れ。山里の勢いに驚いたマツコから、「ちょっと!」とたしなめられていた。

https://taishu.jp/detail/28997/

イタい勘違いキャラ

山里さんに激しく同意。

「呼び出した男性を20分で帰した」なんて、懺悔すべきことではあっても自慢すべきことではないよね。

他人の心を弄んでイイ女ゴッコの材料にしている……呼び出した人への配慮もない、そんな感受性の人が作る詞に何を共感できるだろうか。

実際に詞を見てみました!

共犯者
http://www.uta-net.com/song/187115/
ラヴソング
http://www.uta-net.com/song/223865/
ルール違反
http://sp.uta-net.com/song/195271/

……うーん、ありきたり。

っていうかシェイクスピアだってゲーテだって素晴らしい詞を書くために女を取り替えてないよね?

日本のトップアーティストたちだってそうじゃん?

つまりこの人、創作をネタに男と変な付き合い方をするのが好きなだけの変態なんじゃね?

……まぁ、どうせキャラ設定だと思いますけどね。

本当なら彼女に群がる男たちがショボすぎるし、それに持ち上げられて喜んでる彼女もイタすぎる。

とにかくさ、そのキャラ設定で普通の歌詞書いてんじゃねーよって話。

普通の女の子みたいな歌詞を書いても響かない。

だから、逆にそのキャラ設定に合った歌詞を書くんだ!

たとえばこんな感じ!

「今日も男を帰らせた ~ Disaster ~」

ポンと呼び出しゃやってくる
本当はどうでもイイオトコ
「歌詞が思いついたから」
さっさと帰してパピコを喰らう

次の男を狩りに イオンモール土浦へ
フードコートでナンパ待ち
8時間粘って成果なし
はなまるうどんに海老天載せて

誰も私のことを見てくれない
Sky Another Sky
会いたいよ
君のこと忘れられなくて