そりゃ 遺骨を渡さない わな。 遺族が告発! TENNさん を自殺に追い込んだのは 上原多香子 の不倫だった!

上原多香子 自死した夫の遺書公開で「俳優との不倫」発覚

 2014年に自死したヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさん(享年35)が妻・上原多香子(34才)に宛てて書いた遺書の存在が明らかになった。そこには上原の不倫をにおわせる内容が書かれていた──。

「このままずっと話さへんつもりでした。でも、この夏で兄がこの世を去ってから丸3年。三回忌を過ぎていろんな弔いの行事が一段落しても、残された家族の悲しみが癒えることはありませんでした。母は、夜も眠れず痩せてしまいました。これ以上、家族だけでは抱えきれないんです」

 2014年9月25日に自ら命を絶ったTENNさん(本名・森脇隆宏さん)の弟・義宏さん(仮名)はそう話すと、1枚の写真を取り出した。写っていたのは、TENNさんから家族、メンバー、ファン、そして妻である上原へ宛てた遺書だった。

 几帳面な字体で、感謝の言葉と、先立つことへの謝罪の言葉が並ぶ。だが、さらに読み進めると、目を疑う内容が綴られていた。

《多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ。/多分、僕の事を恨むでしょう? でもいつかは許してくださいね/最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。/これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。/いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど/がんばって トントンとお幸せに/車は開けないで 警察を呼んでください。》

 上原とTENNさんが結婚したのは2012年8月のことだった。2011年2月の音楽イベントでの共演をきっかけに知り合い、2011年12月、TENNさんは自分の誕生日にプロポーズした。

「誕生日って、自分のいちばん欲しいものがもらえるんだよね? 結婚してください」

 交際半年ながら、TENNさんの実直な人柄に惹かれた上原は、彼を受け入れた。結婚後は、TENNさんの故郷・大阪に移り住み、仕事をセーブした。

「ゆかりのない大阪での生活に、上原さんは戸惑うことも多かったみたいです。でも、時間が経つにつれて夫の友人や家族ともいい関係を築いていました。特にお義母さんとは頻繁に連絡を取っていて、ひとりで実家に遊びにいくことも多かったそうです。デビューして早々に故郷・沖縄を離れたので“本当のお母さん”のように慕っていました」(上原の知人)

 だが、そんな結婚生活は、TENNさんの自死で突然、幕を下ろす。大阪府内の自宅マンションの駐車場に停めた車内で、首を吊って命を絶ったのだ。

《収入激減の劣等感と妻を働かせてしまう罪悪感》
《悔やみきれない「所得格差」と「別々生活」》
《自殺した夫の営業は4万円…悲しみの収入格差》

 当時、メディアはTENNさんの自死理由をそう推測して報じた。確かにSPEEDとして一世を風靡した上原は、解散後も着実に女優としてステップアップ。一方、TENNさんが所属していたET-KINGは、2014年4月に活動を休止したばかりだった。

 当時から今まで、上原からも親族からも明かされなかった自死の真相──そのすべてを物語るのが、前述の遺書だ。TENNさんは、上原が別の男性と不倫関係にあることを知ってしまったのだ。

◆あまり多香子を責めないでやってください

 本誌・女性セブンは今年の8月上旬、大阪の実家をたずねた。そこで、弟の森脇義宏さんは重い口を開いた。

遺書を見て、自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました。でも、葬儀の準備や、静かに見送ってあげたいという思いしかなく、自分たちの心だけに留めようとなったんです。遺書にはぼくたち家族に向けて《あまり多香子を責めないでやってください》という最後の願いが書かれてましたし、母も “森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん”って。遺書は多香子さんやET-KING関係者のほか、すぐに駆けつけてくれた今井絵理子さん(33才)も読みました」

 TENNさんの自死直後、母・和子さん(仮名)は知人にこう漏らしていた。

「多香子が“喪主の言葉言えるかな”って言うから“それはあんたの義務やで”って。“立派な言葉やそんなもんはいらんから、森脇隆宏の妻としてきちんと見送ってやって”って言うてん。グっと堪えるときはあったけど、よう最後まで泣かずにきちんと話せてましたよ」

 当時のその言葉からは、遺書に綴られた真実は微塵も感じられなかったが、家族の苦悩は深かった。2014年10月22日、最初の月命日を前にして、上原と両親はTENNさんの遺骨を分骨。その際、上原から和子さんにTENNさんのスマホが手渡された。

「月命日当日、両親と多香子さんの3人で兄の好物だったすき焼きを食べに行ったそうです。その翌日、“思い出の写真も入ってるやろう”と、母が兄のスマホを覗いたんです。そこには、多香子さんとある男性とのLINEのやりとりやふたりの写真などが保存されていました。多香子さんのスマホを見てしまった兄が、その画面を撮影したようでした」(義宏さん)

 ある男性とは、TENNさんの遺書に名前のあった阿部力(35才)のことだ。中国出身の俳優で、17才のときに帰化。大ヒットドラマ『花より男子』(TBS系、2005年)で松本潤(33才)、小栗旬(34才)、松田翔太(31才)とともにイケメン4人衆の一角、美作あきらを演じて人気を博し、現在は日本、中国で活動している。遺書にあった「トントン」とは、阿部の中国名・李冬冬(リ・ドンドン)にちなんだ愛称だ。

 上原と阿部は、TENNさんが自殺する直前の、2014年7~9月に全国6か所で公演が行われた舞台『夕-ゆう-』で共演していた。

※女性セブン2017年8月24・31日号
引用元:Newsポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20170809_603421.html

美談の裏にドロドロの影

五年前か。

上原多香子さん、当時は「若くして主人に先立たれて、それでも気丈に喪主を務めて立派だ」なんて言われていましたよね。

それが、「自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました。」って壮絶展開ですな。

なんか一時期話題になったよね。

気丈に喪主を務めた彼女に、TENNさんのお母さんは遺骨を渡さなかったって。

「TENNのお母さんが上原さんに、“息子の骨は渡せん。うちで預かる”と言うて連れ帰ったんです。“え? どういうこと?”って聞いたら“あの子、まだ31才やで? 骨なんかもろても、何が起きるかわからんやん。半年後に別の人と入籍するかもわからんし。それやのにこれあったら足枷やろ”って話しとった」(親族)

引用元:女性セブン2014年10月16日号
https://www.news-postseven.com/archives/20141002_279730.html

そりゃ渡さないよね、遺骨なんて。

殺されたような気分でしょ。

だからね、不倫なんてしちゃダメなの。

傷つく人がいる以上、やっちゃダメなのよ本当に。

ちゃんと別れてから、もしくは別の国でしなさい!

それにしても芸能の話題は凄いですね。

今井絵里子さん、斉藤由貴さん、雨上がり宮迫さん……また上原多香子さんが加わってきました。

不倫の話題ばーっかり!

一人の相手を愛し続ける美談を聞かせて!

オシドリ夫婦の話題とかください!