65歳からサイクリングの旅を始めたおばあちゃん! 以後14年間で16000キロを走破!

(CNN) 65歳にもなれば、大半の人は高齢者用公共バス利用券の入手について考える。だが米モンタナ州在住の女性、エセル・マクドナルドさんはこのとき、欧米各国を巡るサイクリングの旅に乗り出した。

その14年後、マクドナルドさんは欧州や北米で1万マイル(約1万6000キロ)あまりを走破。今もなお旅を続けている。

CNNが、マクドナルドさんに話を聞いた。

現在78歳でひ孫もいるマクドナルドさんは「他の人の準備ができるのを待たずに自分のやりたいことをするのが好き」と語る。公道を自転車でひとり旅することの魅力については、「自分で自分の上司になったような感覚」と語る。

サイクリングの旅を始めたのは2003年。フランスの大西洋岸を旅したのが皮切りだ。母国である米国のほかには、オランダやドイツ、ベルギー、スカンジナビア諸国などを旅した。

アイルランドの旅のお供は英自転車ブランド「ブロンプトン」のピンクの折りたたみ自転車だ。欧州大陸での旅のため、もう1台の自転車を友人のもとに預けてある。

マクドナルドさんによれば、通常は3週間から4週間で1000マイル近くを走行する。13年間にわたりこうしたサイクリング旅行を続けており、1年に少なくとも1回は旅に出るという。

滞在先の選択や自宅への旅行者の受け入れには「ウォームシャワーズ」や「カウチサーフィン」と呼ばれるインターネット上のコミュニティーを使う。ウォームシャワーズは自転車旅行者専用。一方、カウチサーフィンは新しい出会いや自宅への受け入れを希望するすべての旅行者が対象だ。

マクドナルドさんの推計によると、2016年8月までに165の家庭のもとに滞在し、自分では200人ほどの旅行者を受けて入れてきたという。お金の節約という側面もあると認めたうえで、「でも本当の価値は人と出会い、お互いに触発し合ったり、思い出や人間関係を構築したりするところにある」と話す。

スクラップブックには、自宅や外国で出会ったすべての人々の写真などをびっしり張って保管。交流サイトや電子メールで世界中の友人と連絡を取り続けている。

マクドナルドさんによれば、モンタナ州ミズーラにあるマクドナルドさんの自宅を訪れた人の大半は、2晩にわたり滞在する。ミズーラは自転車利用が盛んなほか、国際的なサイクリング協会「アドベンチャー・サイクリング」の本部もあるためだという。

宿泊客には通常、食事を出したり洗濯をさせてあげたりし、くつろげる環境を作っていると話す。

マクドナルドさんがサイクリングを始めたのは1979年。離婚後に引っ越し、自転車が主な交通手段となった。現在は息子3人、孫1人、ひ孫2人を持つ曽祖母だ。

自転車旅行で最高の経験が得られる国としては、欧州ではオランダを1位、デンマークを2位、ドイツを3位に挙げる。「オランダとデンマークはサイクリングに最適な環境。ドイツでは、自動車の運転手が自転車に配慮してくれて本当に親切だ」という。

4位はフランスとベルギーが良い勝負だと指摘。風景などはフランスの方が優れているが、自転車関連の設備はベルギーの方が充実しているようだと話す。 

マクドナルドさんは元フランス語と英語の教師。そのため、欧州での旅の始めるにあたってはフランスを最初に国に選んだ。「大西洋岸はどこも自転車で旅行するのに素晴らしい環境」と語る。

自分と同じ道をたどりたい人に対する助言はシンプルだ。「とにかくやってみて。私の家に今年泊まった人は初めての自転車旅行だった。今は米国全土を回っている」と語る。

マクドナルドさんは今年初め、フィリピンのミンドロ島の外周520キロを8日かけて巡った。

次の目標については、「80歳を超えたら恐らくこれを続けられないのではないかと思っている」「あと数年は続けられるかもしれない。走る距離を少し減らして、観光を増やそうかと思っている」と話す。行ってみたいのは米国による渡航制限などが緩和されたキューバだそうだ。

https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35097407.html

人生今が一番若いとき!

過去には絶対に戻れない。

それなのにウジウジと後悔したり、「もっと若い頃ならやれたのに」とか思って、年齢を言い訳に足踏みしてしまう。

そんな世界中の僕らを鼓舞してくれる素晴らしいニュース!

凄いね、このおばあちゃん。始めたのは65からだってさ。

なんだって遅くないよね、大切なのは継続すること。

新しいことを始めよう!