ドキュメンタル シーズン3 エピソード1 感想

Documental

お笑い芸人・ケンドーコバヤシ、極楽とんぼの山本圭壱、プラスマイナスの岩橋良昌が2日、都内で行われた『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3』の完成披露舞台あいさつに出席した。

 ダウンタウン・松本人志が手掛ける同シリーズは、個性豊かな10人の芸人たちが、自身のプライドを賭け、賞金1000万円を競う “密室笑わせ合いサバイバル”。タイトルの「ドキュメンタル」とは、松本により、ドキュメンタリーとメンタルを合わせて創られた言葉。参加者10名、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルールで、笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場となる。笑いを仕掛け、笑いに耐え、この激しい攻防をくぐり抜け、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得する。

 松本から招待状を受け取る形で出演オファーを受けた山本は「断る理由はないし、来た仕事を順番にやる。その日来た仕事が最後で、その日死んでもいいという気持ちでやってます」と決意新たに語り「10年少々空いていて…。ようやく仕事らしい仕事をしたなという気持ち。芸人さんがたくさん集まるところに入れさせていただいた…」と感慨深げに振り返った。

 同番組が山本との再共演の場となったケンコバは「しばらく会ってなかったですね。随分と(態度が)改まった気がするけど、何かあったんですか?」と早々にイジり倒す。山本は苦笑いしつつ「宮崎の方に行って、肉巻きおにぎりを売ってました」と言葉を濁して、笑わせていた。

 シーズン3の参加者は、ケンコバら3人のほか、くっきー(野性爆弾)、木下隆行(TKO)、レイザーラモンRG、秋山竜次(ロバート)、伊達みきお(サンドウィッチマン)、後藤輝基(フットボールアワー)、春日俊彰(オードリー)の10人。きょう2日より、日本のAmazonプライム会員向け配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で独占配信される。

http://www.oricon.co.jp/news/2095049/full/

春日とケンコバさんに注目!

オリコンさんの記事にもありましたけど、山本さんが現れた瞬間は驚きました。

若干全員の空気もどう扱って良いのか分からないような感じになって、それまで和気あいあいとしていたのが急によそよそしくなって。

そして始まった初回。

山本さんがニコニコと所在なさげにウロウロしている姿が切ないまま、非常に上滑りをした空気。

その状況を締めるように松本さんがカードを提示し、ケンコバさんが山本さんにツッコミを入れて場を緩める。

これからどんな展開になるのか、非常に楽しみです!

僕としては春日とケンコバさんに期待。

……シーズン2はちょっとラストの戦いが汚すぎて、食事中に奥さんとは見ていられないレベルでした。

シーズン1ぐらいのノリが好きだったんですよね……アントニーが最高でした。

そんな感じのバトルを期待しています!