レゴランド 起死回生の秘策! それはなんと。。。

レゴランド の現在「ボッタクリランド」の印象拭えず閑古鳥。」に関連した内容です。

レゴランド、1.4倍に=名古屋市の土地借り上げ

ブロック玩具の「レゴ」を扱った国内初の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」の運営会社は2日までに、敷地を現在の1.4倍の約13ヘクタールに拡張する方針を明らかにした。

アトラクションを増やして集客力を高めるのが狙い。パークに隣接する名古屋市の土地を借りる方向で調整する。
 
運営会社レゴランド・ジャパン(名古屋市)のトーベン・イェンセン社長が時事通信とのインタビューで語った。敷地拡張計画とは別に、パークの近くにホテルと水族館「シーライフ」も建設中で、いずれも2018年に稼働させる予定だ。
 
レゴランド・ジャパンは4月1日に開業。東京ドーム約2.5個分に相当する9.3ヘクタールの敷地にジェットコースターなど40以上のアトラクションがある。
(2017/08/02-15:51)

時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080200789&g=eco

これで成功したら面白い

いや、馬鹿にしているわけではなく、本当に面白いなぁって思います。

ネットの反応を見ても「価格だろ」というツッコミばかり。

そりゃそうだよね。

どんなアトラクションがあるのか全く届いていないのに、ボッタクリランドというイメージだけは浸透してしまっている。

この状況から再起するには、価格を見直して良い宣伝をして、コツコツと信用回復をしていかなきゃダメ。

誰もがそう思っていたところで、まさかの規模の拡大

ありえないし、直すところが違うってみんな思うところでしょう。

だけど、これで再起が出来たらカッコいいね!

素人考えなんてあてにならないんだな、やっぱり経営のプロは違うんだなって話。

さて、このアイデアは吉と出るか凶と出るか。

ダイナミックな手法か、無能な経営者か。

今後の展開にも目が離せませんな。