「離婚届に判を押してくれ」橋本市議 不倫記事が出るその前日に奥さんとそのご両親に申し出ていた!

 今井絵理子・参議院議員(33)との不倫により、一躍全国的にその名が知られることになった橋本健・神戸市議会議員。「週刊新潮」報道の前日に、驚きの行動に出ていた。

 ***

 今回の騒動について橋本氏が行った「釈明」を要約すれば、

〈自分の婚姻関係は4~5年前から破綻している〉
〈既に破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないと認識した〉

 しかし、その“婚姻関係は破綻していた”というストーリーを「まったくの嘘」と指摘するのは、橋本氏の妻の近しい知人だ。

 知人によれば、以前より橋本氏は外泊を繰り返していたものの、妻と子の待つ自宅には時折帰っており、別居状態でもなければ離婚の合意もない状態にあった。ところが、

「去年の8月になって、突然、橋本が離婚の申し出をしてきた。そして、9月になると、いきなり近くにマンションを借り、家を出ていってしまったんです」

 昨年8月9月といえば、橋本氏が今井議員と出会って4カ月目、今井議員が当選した参院選の直後に当たる。これにつづいて今年3月に離婚調停を申し立てた橋本氏だったが、「週刊新潮」が発売される前日の7月26日になり、突如妻に“会いたい”と連絡をしたという。

「代わって弁護士が会うと、何と言ったと思いますか? “離婚届に判を押してくれ”ですよ。そんなことは出来ない、と弁護士は席を立ったんです」

 記事が出る前日に離婚を成立させ、不倫ではないと強弁し、虚偽の「婚姻破綻ストーリー」を補強しようとしたのだろう。一連の経緯について橋本氏に取材を申し込むと、「記者会見でお話しさせていただいたとおりです」と回答。妻や2人の子どものことは考えず、頭にあるのは自分と今井議員の“保身”だけ。人として「一線を越えた」卑しさを十二分に感じさせる。

 ***

8月2日発売の「週刊新潮」では、橋本氏の妻が送った「抗議文」の存在や、不倫に公金を使う今井議員の行状とあわせ、詳しく報じる。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170801-00528492-shincho-pol

ヤベー奴

記事が載ると分かった途端の行動、人の気持ちとか全く考えないヤベー奴ですな。

それが拒否された直後には奥さんの両親にも離婚届を見せつけ、離婚させてくれと懇願したんだとか。

なりふり構ないそのアクション、凄いと思う。

僕だったら奥さんの両親になんて言えないよ。

年老いたご両親が突然のことに驚かれ、胸を痛めるとか、そういう気持ちは微塵もないのでしょう。

まぁ、だからこそ、これまで成功してこれたんだろうなとは思いますけどね。

配慮や情に縛られるといったことのない男……そういう男はエネルギーに満ちて、無鉄砲でカッコいいものですから。

ただ、自己愛だけで突き進むことに他人のお金は使わないで欲しいもの。

何をやっても成功できそうな人だけど、やっぱり議員さんはやめた方が良いと思うの。