万引きで捕まった シンママ に同情した警察官、おむつ代を立て替える

警察官は犯罪を取り締まることが任務であるが、困っている市民の力になることも務めといえよう。
このほどアメリカで、万引きした母親の事情を知り自らおむつ代を支払った警察官のニュースが話題になっている。
『Inside Edition』『CNN』『FOX News』など複数メディアが伝えた。

米メリーランド州ローレル市内にある食料雑貨店「Giant Store(ジャイアントストア)」の防犯カメラにおむつを万引きした女が映り、通報を受けたローレル警察の新米警官ベネット・ジョンズさんが駆け付けた。
犯人は20歳の女性で食料を購入した後、2歳になる息子のためのおむつ代が残っていないことに気付き、2パックを万引きしたという。

警察官としての任務を果たしながらも、ジョンズ警官はその母親がシングルマザーで生活に困窮していることを知り、深く同情した。
ジョンズ警官自身もシングルマザーのもとで育ったことから「子供が辛い思いをしないように」と自らの財布を開け、その母親のためにおむつ2パックの代金15ドル(約1,660円)を支払ったのだ。

ジョンズ警官の親切な行いは7月22日、ローレル警察のFacebookに投稿されこのように綴られている。

「我々は、新米の警察官のことを『おむつをしている』とジョークで言うことがよくありますが、このジョンズ警官は自分のためにおむつを購入しているのではありません。」

同署のスポークスマン、オードリー・バーンズ警官は「ジョンズ警官は、個人的な親切で母親におむつを買ってあげました。
これぞ市民を思いやる真の警官と言ってよいでしょう」と話しており、リチャード・マックラフリン署長は
「任務を遂行することも大切ですが、その中で地域住民と良好な関係を築くことこそ我々が目指すものです。
誰に注目されているわけでもないのに、信念をもって正しいことができるジョンズ警官のことを我々は誇りに思います」と述べている。

万引きで捕まった母親は軽窃盗罪に問われ、今後は裁判所への出廷を求められることになる。
一方でこの母親がきちんと支援を受けられるように、ローレル市は手続きを進めているということだ。

このニュースを知った人からは「親切というなら、この母親を見逃してやることはできなかったんだろうか」
「警察官がそれをしたら職務怠慢だろ。犯罪者を取り締まる義務を果たして当然だ」「しかし裁判所出廷の費用や罰金はきっとおむつ代よりも高い」
「いや、それでもこの警察官は素晴らしいことをしたと思う」「生活に困っておむつが買えないから盗む以外にないっていう母親の気持ちって、切ないだろうね」などといった様々な意見があがっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13412533/

たまたまの善意

「警察官がそれをやっちゃダメだ」という意見もありますが、別に良いじゃん。

「じゃあ困っている人たちみんなにしてやれ」とかいう人もいますけど、そんな極端な話にしなくても良いじゃないですか。

その瞬間だけの特別なこと。

たまたまの善意だって評価されて良いんじゃないかな。

この警察官だって女性が悪態をついていたり、自分自身が上司にこっぴどく叱られたあとだったりしたら、こんな行動はしていないでしょう。

たまたま、その瞬間にいろんな偶然があわさって生まれた善意。

それも美しいものだと思います。