ジャンヌダルクか!? 女性たちの権利を守るため、所属する会社を訴えながらもその場で働き続けるCA!

妊娠すると機内での業務ができなくなるJALの客室乗務員(CA)の仕事。2014年8月妊娠が分かった神野知子さんは地上での勤務で働き続けたいと希望するも、会社からは「地上でのポストがない」と一方的に無給休職にさせられてしまう。

休職になると寮や社宅も出なきゃいけない。アルバイトも禁止。これはまるで妊娠したら退職しろというシステムにしか見えなかった。女性が約6000人の職場。基本的に9割9分女性しかいない職場で、妊娠したら一方的に働けないというのはおかしい。

神野さんは労働組合や労働基準監督署、労働局雇用均等室などに相談し会社側に何度も交渉をもちかけるが、会社側は「間違ったことはしていない」の一点張り。
身重な身体に無理を強いたせいか、予定日1ヶ月前に切迫早産で入院となってしまう。

それでもやはりこんな制度はおかしいと、出産後の2015年6月に提訴。約2年間会社と裁判で闘い、今年2017年6月に勝利的和解を納めた。神野さんのすごいところは、産休育休取得後の2016年4月に裁判している状況で会社に職場復帰し、今なおJALで働き続けていること。

会社と裁判するとはどういうことなのか。神野さんを突き動かしたものはなんだったのか。声を上げる勇気とは…。
神野知子さんが裁判後初めてインタビュー取材に応じ、思いを語ってくれた。

●顔出し名前出ししてメディアの前で記者会見。やはりバッシングは怖かった。

小酒部:裁判されながら働くのはすごいことと思う。

神野:普通は辞めるしかないと思いますものね。

小酒部:裁判中会社から反論書がくる。あれを見ながら会社に通うのはすごい。

神野:私は恵まれてる。労働組合が付いていてくれた。

小酒部:職場はどうだった?

神野:職場のみんなが応援してくれた。みんな「おかしい」と思っていた。けれど今まで裁判して問題解決することができなかった。やっぱりみんな裁判まではできない。労基署に相談する女性はいた。けれど、それでは解決しなかった。

小酒部:神野さん一人で裁判で闘うという手段ではなく、複数名で団体交渉するという手段はなかった?

神野:同時期に妊娠する人がいれば、一緒に頑張ろうとなったかもしれない。

小酒部:そこがマタハラの難しいところ。妊娠の時期はみんなまちまちなので、被害者同士が繋がっていかない。

神野:あと出産後は忙しくて、思い立ってもなにか出来るかってできない。今、私しかいないからまず私が出ようと。

小酒部:裁判するだけでも勇気がいるのに、提訴の記者会見で顔出し名前出しを決意されたのはどうして?

神野:私は別に悪いことはしていない。正々堂々と自分の意見をきちんと伝えたかった。顔や名前を隠す必要なんかないんじゃないかと思った。間違ったことは一つも言っていないという思いがあった。けれど、やっぱり本当に勇気のいることだった。

小酒部:メディアに出るとバッシングがあるから勇気がいる?

神野:バッシングのことは無知でなにも知らなかった。記者会見をしてまさかそこまでの反響になるとは思わなかったし、反響が起こったら2チャンネルでどんなことが書き込まれるか、本当に知らなかった。

記者会見の反響は思いのほかで、多くのマスコミが取り上げた。会社の名前が大きいというのもある。(ネットには)すごい書き込みになり、ものすごく傷付いた。もちろん見ないようにはしたけど、それを見た友達が心配してわざわざ教えてくれた。あそこまでネットに書かれると知っていたら、もしかしたら勇気は出なかったかもしれない。

(以下略)

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20170731-00073891/

生きた英雄

なんて立派な人だろう。

仲間も多いことだろうけど、敵も多い中でよく働き続けることが出来るなぁ。

こんな風に負けないで戦い続けている人の存在を思うと、勇気がもらえますね!

おかしいことを「おかしい」と言うこと。

何も間違っていなくても許されない狂った社会。

それをぶち壊し、次の時代に繋げる姿はさながらジャンヌダルク。

こういった英雄たちの革命によって時代が変わっていくんですな。