奇跡! 救命胴衣 なく 海に9時間以上漂流した80歳の男性 無事生還!

2017年8月11日

広島県呉市沖で海に転落し行方不明になっていた80歳の男性が、9時間以上漂流した後に、ようやく救助された。男性は衰弱しているものの、意識はあるという。
救助されたのは、岡山県から広島県呉市倉橋島に釣りに来ていた80歳の男性。

呉海上保安部によると、男性は29日夕方、倉橋島から約200メートル離れたコンクリートブロックで、1人で釣りを始めた。
翌朝6時に渡船が迎えに行くと、男性の姿はなく、救命胴衣などが残されていたという。

海上保安部が捜索したところ、午後3時、約7キロ離れた海上で、ヘリに手を振る男性を発見し救助した。男性は衰弱しているものの、意識はあるという。
男性は救命胴衣をつけずに、少なくとも9時間、漂流していたとみられ、海上保安部が事故の原因などを調べている。

http://www.news24.jp/articles/2017/07/30/07368402.html

まさに奇跡!

救命胴衣をつけずに9時間なんて、どうやって生き延びたんだろう。

熱中症も脱水症状もありそうな中で、まさに奇跡としか思えないよね。

「もうダメかと思ったとき、いつも近所の寺で拝んでいる観音様の姿が見えました。そこから放たれる温かい光に包まれたかと思ったら、救助されておりました。どうやら意識を失ったまま枯れ枝のように浮かんでいたようです」

どうせなら、こんなコメントもいただきたい。

そしてファティマの奇跡ならぬ、クレの奇跡として伝説になって欲しい。

宜しくお願い致します。