【Kindle Unlimited 書籍】 ルノアーラー の ルノアーラー による ルノアーラー のための本! 喫茶室ルノアール“本”店 vol.1! 感想 レビュー

2017年8月19日

Amazon Kindle Unlimited で 読める オススメの 書籍 をご紹介。
画像クリックで商品ページに移ります。

喫茶室ルノアール“本”店 vol.1

Amazonさん紹介文

※本電子書籍は、タブレットに最適化されたデザイン固定板です。
スマートフォンでお読みの方は、文字ベースの文庫版をお薦めします。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00IN0KP9A

■50年間、最前線にいられる理由を、経営者&ファン目線で紐解く。

東京を中心に100店舗以上を展開する老舗喫茶店、ルノアール。

数多くのビジネスマンやスタートアップ企業、フリーランサー、業界人などが愛用する創業50年を迎えたこの店は、なぜ、ここまで日本のカフェ・喫茶店シーンの最前線を走り続けることが出来たのでしょうか。

その秘訣は、社長インタビューにある「ホスピタリティ」に集約されます。

本誌は、(株)銀座ルノアール社長をはじめ、各業界に点在するルノアールのファンたちのインタビューや寄稿を、有志が取材し、まとめたものです。

創業から50年。

競合他社も多く、栄枯盛衰も激しい喫茶店業界で生き抜く術の一端を垣間見ることができる、ビジネスに携わる人ならばルノアールファンならずとも必見の一冊です。

■各界のトップランナーが集結!

ルノアール小宮山社長をはじめ、「生粋のルノアールファン」として本誌に登場してくれたのは、ソーシャルゲームで業界を牽引する(株)gumiの國光宏尚社長、ピクシブ(株)永田寛哲副社長、「去年ルノアールで」の著者せきしろ氏、人気ブログ「僕の見た秩序。」のヨシナガ氏など、各界の著名人たち。

彼らが、いつ、どのようにして、そして何のためにルノアールを使っているのか、その真意に迫ります。
ビジネスに役立つ名言やエピソードも随所に登場しますので、お見逃しなく。

※第1号の表示が画面サイズより少し小さい点を改善しました。(2014/2/18)

※本誌は、今後も続刊予定です。第2号は現在鋭意製作中ですので、お楽しみに!また、「インタビューして欲しい」「寄稿したい」等ございましたら、自薦他薦問わずご連絡お待ちしております。

※なお本誌の制作にあたっては、(株)銀座ルノアール様にご協力いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

みんな大好きルノアール!

<以下、 ネタバレ を含みます>

喫茶室ルノアール――2017年現在、東京と神奈川を中心に約85店舗あるそこは、まさに都会のオアシス。

そんなルノアールに惚れ込んだ有志が企画し、出版されたのがこの本。

内容はAmazonさんの紹介文に載っている通り、一昨年に会長となった先代の社長小宮山文雄氏やテレビドラマ化した小説「去年ルノアールで」の著者せきしろ氏などのインタビュー集。

皆さんビッグな人たちばかりなんですが、その誰もが熱すぎず冷めすぎず、だけど心底ルノの存在に惚れ込んでいる様子がうかがえてとても微笑ましいです。

僕も喫茶店の中ではここが一番好きなんですけど、身近にそれを共有できる人がいなかったので、読んでいてとても嬉しかった。

「おしぼりは顔を拭き、首を拭けるように標準より大きめのサイズを使っている」、「あのゆったりとした空間の使い方は一坪につき1.5席」等、ルノアーラーにはたまらない豆知識も入ってきます。

寂しいのは「Vol.1」とナンバリングされているのに、Vol.2が存在しないこと。

調べてみると2014年5月の以下のツイートを最後にルノアールを愛する会は活動を停止してしまったようです。

 

しかし、良い企画だなぁ。

Kindle Unlimitedって沢山のインディーズ作品があるんですけど、お店やそのファンが出版する本ってもっといっぱいあっても良いですよね。

社史的なお堅いヤツじゃなくて、もっとこの時代に即した感じのヤツ。

っていうか、きっと増えていくと思います。。

とりあえず、ルノアールは死ぬまであって欲しいお店の一つです。

LOVE、ルノアール!